« 北海道カップ開幕 | トップページ | エアデールテリア物語 »

2013年8月13日 (火)

2会場同時にディスクドッグショー

一昨日の日曜日は、恒例の、
世界の名犬牧場スーパーディスクドッグショーでした。

北海道カップが行われている週末です。

なんとその日に、いつもドグタウンの大会やセミナーに使っている、
昭和村のパラグライダー場で、イベントがあり、
ディスクドッグショーをやる事になりました。

ほとんどのランブルドッグスのチームの方々は、北海道カップに参戦してます。


名犬牧場は何とかなりそうなので、
”ニキ”と”バルカ”をパラグライダー場のイベント
『YAMMA SONIC(ヤマソニック)』に助っ人参加。



その結果、名犬牧場スーパーディスクドッグショーでは、
いつもとりをつとめる”ニキ”が不在のため、
1部はピートが、2部はメリーが初めての、とりをつとめることになりました。

私もマトラと何回もとりをつとめましたが、
いつも大きなプレッシャーの中、
「ショーはトリが決まればば全てよし」
というように、やってきました。

今回の2チームは初めてのとりを、同じ日に体験することになりました。
お互い、一歩も引かず、気合の入ったパフォーマンスでした。



実はこの2チームは、世界の名犬牧場ディスクドッグショーのギャラリーとして、
何回も見に来ていました
自分もディスクドッグをやってみようとBBDC(バウンドバウ・ディスクドッグクラブ)
の、門をたたいたチームです。
その後、スーパーディスクドッグショーにデビューして、
ついに、とりをつとめるまでに成長しました。

この2チームの成長が嬉しくて、とても幸せな時間になりました。



大変だった、2会場同時開催のディスクドッグショーで、
こんなサプライズが生まれていました。


今回は、keiko&アンバー(ラブラドールレトリバー)の名犬牧場デビューもあり、
これもうれしいスーパーディスクドッグショーでした。


もう一つ今回は、バルカがディスクドッグショーにデビューしました。
1歳3ヶ月でのデビューになりました。

バルカな身体能力を表現できたとのことでした。



厳しい状況をクリアした、チームに拍手を送りたいと思います。
お疲れさまでした。
次なる飛躍を期待しています。

|

« 北海道カップ開幕 | トップページ | エアデールテリア物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北海道カップ開幕 | トップページ | エアデールテリア物語 »