« P.S.モントレー速報 | トップページ | 久々のNDA »

2013年7月30日 (火)

ハル虹の橋をわたる

土曜日(27日)の夕方、ハル6歳という若さでこの世を去ってしまいました。

2009年BBDC(バウンドバウディスクドッグクラブ)立ち上げたときからのメンバーです。
アイリッシュセッターというディスクドッグには難しいといわれている犬種で、
努力して少しずつディスクが出来るようになり、
ついには名犬牧場スーパーディスクドッグショーのスターまで上り詰めました。
『滝沢&ハル』チームです。

日本で、いや世界でも私の知る限りでは、
唯一アイリッシュセッターのフリースタイルディスクドッグです。



ハルとの出会いは、ハルが仔犬のころ撮影会にやってきたことから始まっています。
それ以前から、ディスクドッグショーを何回も見に来ていたそうです。

アイリッシュセッターは私も大好きな犬種で、15年位前に知り合いの繁殖を待って、
私の元にもやってくるはずでした。
繁殖には至らず、残念ながら私の元にはやってきませんでした。
アイリッシュセッターを飼うと決めた、滝沢さんという人にも興味がわきました。

奥様は私と同じ犬種オタク(失礼)で、次はミュンスターレンダーが欲しいといっていたのを
思い出します。



ハルという犬の残した功績は、大会のランキングや成績だけではない、
自分の犬をディスクドッグにするため、犬と向き合い、上手くいかなくても諦めないで
努力を続けていくことで、立派なディスクドッグに育ててきたこと、そのものです。

その結果、ハルはディスクドッグショーで大きな成功を収め、
一度見たら忘れることの出来ない、記憶に残る、
人気№1のチームになることが出来ました。



昨日の夜、骨になる前に最後のお別れに行ってきました。
ハルらしい褐色に輝くきれいな皮毛で、寝ているようでした。

短かったけど内容の濃い6年だったと思います。
出会いを作ってくれたハルに感謝します。

Haru

|

« P.S.モントレー速報 | トップページ | 久々のNDA »

コメント

たいへんお世話になりました。

美しさにひかれ、難しい犬を飼い始めていましましたが、

酒井さんをはじめとするBBの方々の優しい心遣いで、

楽しく犬と一緒の生活を送ってきました。

思うところはたくさんあるのですが、今は大きな悲しみと付き合いたいと思っています。

ありがとうございました。

投稿: Spinach | 2013年8月 6日 (火) 17時10分

Spinachさん
心に大きな穴が開いたような悲しみを感じていることと思います。
存在が大きければ大きいほど、その穴になってしまいます。
心の穴を埋めてくれるのは、時間という力しかないと思います。

投稿: Hiro@管理人 | 2013年8月 6日 (火) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« P.S.モントレー速報 | トップページ | 久々のNDA »