« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

須賀りす 作品展

先日このブログで書きました(6/17)、須賀りす作品展にいってきました。
絵画はもちろん、風呂敷や手ぬぐい、一点モノの手書きのTシャツなどもあり、
販売もされていました。
もちろん先日完成した『誕生日の夜朗読DVD』も売っています。

彼女独特の、幻想的で心にやさしい作品を楽しんで下さい。

Risu
ガラスの耳(アクリル・53.0×45.5・2013年)

 ■会 期   2013年6月27日(木)~7月2日(火)

         11:00~17:00(最終日は15:00まで)

 ■会 場   蕎麦・カフェ&ギャラリー 「柚子の木」

          群馬県前橋市敷島町257-24
          (敷島公園ばら園 西側)
          TEL.027-212-5321
   

| | コメント (0)

2013年6月28日 (金)

温泉ライブ2013#2

恒例になっています、四万温泉 老舗旅館の積善館ロビーライブが、
今年も行われます。
2月に行われた『月夜野館』に続き2013年2回目の温泉ライブです。

Kuwaban2013

温泉ホテルのロビーをライブ会場にして
夕食後のひと時を音楽とともに楽しくすごす、
温泉と音楽のコラボレーションの企画です。


私達『KUWAバン』は3回目の出演になります。
毎回満席の中の演奏で、良い席を確保するために、
早めに着て席を確保される方もいます。
前回のときは、わざわざ私達の演奏の日にあわせて宿泊予約を入れて、
見に来てくださったかたもいました。
本当にありがたいことです。

今回は、60年代の踊れる曲もやりますよ。
もちろん、オリジナルの『四万のうた』『GO!GO!温泉パラダイス』も演奏します。
全14曲を予定しています。


その日の昼間は、四万温泉『レトロ通りのなつかしライブ』に参加。
一日に2本のライブをやります。
体力がちょっと心配。


終った後は、四万温泉にお泊り。
温泉三昧と美味しいお酒が待ってます。

良かったら気分転換にお出かけ下さい。

| | コメント (0)

2013年6月26日 (水)

BB&DTギャンブー編

さてさて、BB&DTでのギャンブーです。

今回の『BB&DT』は私の家から一番近い大会です。(車で15分)
前回の『四万十ディスクドッグカップ』は家から1200km。
犬のコンディション、人の疲労も考えれば圧倒的に有利です。


ディビジョン1オープンフリースタイルにエントリー。
2013USDDN世界選手権のクォリファイのかかったメジャーゲームです。


1ラウンド(フリースタイル)
ミスはあったものの、戦略的にはまずまずのスタート。
前回のような規定投数に足りないというミスも無くルーティーン通り終了。


2ラウンド(トス&フェチ)
戦略上最もポイントを取らなくてはならないラウンド。
風は少し強い追い風。
ギャンブーにとっては絶好のコンディション。
前に登場するチームが風にやられ、
2キャッチ~3キャッチの10ポイント前後の点数でゲームが進んでいきます。
そんな中ギャンブーは
4.5・4.5・3.5・4.5・3.5・4.5の全投キャチで21.5ポイント(点数の高い5投をカウント)
最高点が22.5ポイントなのでほぼ満点、最高の出来です。
私のいままでの2ラウンドでは最高のポイントです。
ここでトップ15位にランクアップ。


3ラウンド決勝
気温の上がったコンディションとギャンブーのドライブを心配して、
スローを短めに投げる。
この考え方が間違っていて、せっかく作れた2ラウンドのドライブを
ゆるいスローを投げたことで台無しにしてしまいました。
今までのギャンブーなら3ラウンドはかなりきつかったのでしょうが。
四万十遠征で成長したギャンブーは、ドライブを上げ頑張ろうとしていました。
それに気が付かず、上を目指してチャレンジ出来なかったことが残念です。



結果はせっかく取った2ラウンドのトス&フェチのアドバンテージを生かせず、
中盤の下のほうになりました。



犬は日々成長をしています。
普段のトレーニングでは変わらないように見えても、
今回のような緊張感のあるクォリファイゲームでは、
犬も何かを感じ取って『頑張るモード』になることがあります。
それはプレーヤーである私の気持ちなのか分かりませんが、
前の犬のマトラのときも経験しています。
その時プレーヤーである人が全力でこたえてやれれば、
きっと犬も変わると確信しています。

今回ギャンブーにおこった『頑張るモード』のチャンスを生かせなかったことが
残念です。
でも、ギャンブーが成長できたことを嬉しく思います。


『自己ベスト21.5ポイント』をとれた”良”と
『頑張るモード』を生かせなかったことの”悪”を
経験したゲームでした。

今回の経験を生かし、次へ向けてチャレンジを続けます。

| | コメント (2)

2013年6月25日 (火)

BB&DT終了報告

BB&DT終了後、熱が出てしまい報告が遅くなりました。

ディビジョン1オープンフリースタイルは北は北海道から南は鹿児島までの
33チームが参加。
会場の田口緑地フィールドの気温は暑いけれど、
真夏と違いクールダウンをすれば問題ない程度です。
風はこの季節にしては少し強め。
雨も降らず絶好のディスクドッグ日和になりました。


メジャーゲーム、そして世界選手権クォリファイのかかったゲームならではの、
張り詰めた緊張感のなかでのゲームになり、
プレッシャーで押しつぶされるチームや、緊張で思うようにプレー出来ないチームも
多くいました。


そんななか大ベテランの”円谷&モノ”チームの優勝で幕を閉じました。
2人のワールドチャンピオンを破っての完全優勝です。
2007年USDDN世界選手権でモノと見せた、伝説の決勝ラウンドを
思い出させるような素晴しい演技でした。
モノという犬も8歳になり、年齢的なハンディキャップを、
トスの上げ方や軌道を変えることで、
まったく若い頃と遜色の無いプレーをしていました。
この辺の技術はさすがベテランです。

あらためて円谷というプレーヤーの懐の深さを感じます。



今回のBB&DTでは、オープンフリースタイルで、
ノーミス100%のキャッチ率のチームが2チームでました。
宇佐見&コニス、内田&ハチの2チームです。

宇佐見&コニスは、今年のナゴヤドームでもノーミスを達成して優勝を飾りましたが、
何と今回は、全ラウンドノーミスという、JDDN始まって以来の
信じられない記録を達成しました。
絶対不可能と思われていた記録を現実にしました。

内田&ハチは、決勝ラウンド世界選手権クォリファイのかかった、
一番プレッシャーのかかる場面での達成になりました。
攻めて攻めて勝ち取った大記録です。

もちろん両チームともUSDDN世界選手権の出場資格を勝ち取りました。


BB賞は、1ラウンド最高のプレーをした二見&スピカ。
そしてノーミスを達成した宇佐見&コニス、内田&ハチに送られました。



まだまだ伝えきれない沢山のドラマがあった『BB&DT2013』です。

長くなりましたので、ヒロ&ギャンブーの報告は次の機会しますね。

| | コメント (0)

2013年6月20日 (木)

BB&DT

今週末の22(土)、23(日)は、
いよいよBB&DT(バウンドバウ&ドグタウン)ジョイントマッチです。

我がクラブ、『バウウドバウ』と
平井氏の『ドグタウンファクトリー』
がジョイントで行う、世界選手権クォリファイゲームになります。

バウンドバウの名前のついたメジャーゲームになります。
バウンドバウからは清水千春がプレーヤーズエレメンツのジャッジをします。



全国からアメリカ世界選手権を目指すトップチームが集まってきます。
先ほど四国のチームが台風と共に出発したとの情報が入ってきました。
ぞくぞくと、ぐんまに向かって走り出していることでしょう。



台風のことも心配ですが、晴れれば真夏の気温になる前橋、
過酷なゲームになることは間違いありません。
強いメンタリティーを持ち続けたチームのみ、
栄光の世界への道が開かれます。
夢をあきらめたたチームから脱落していく、厳しい戦いになることでしょう。

今年も想像の付かない劇的なドラマが待っています。
そのドラマの主人公は・・・・・。



バウンドバウも今年で15年。
節目の年にビッグゲームが行われることを嬉しく思います。

バウンドバウDCチームの活躍を祈念してます。
もちろん、ギャンブーもがんばります。

| | コメント (4)

2013年6月19日 (水)

おみやげ

先日のバンドの練習のとき、
ギタリストのKさんより”おみやげ”をいただきました。

そのおみやげとは・・・・・
これです!!!

2
↑このリヤビューがシムカっぽい

1
↑黒のボンエネットフードが良い感じ

3
↑一応フランス製です


ミニカー
ただのミニカーではなく

『シムカラリーⅡ』

フランス車好きの私にはたまりません。
特に、”シムカ”や”マトラ”や”パナール”などに敏感に反応してしまう私には、
特別な逸品です。

シムカラリーⅡについては詳しく書きませんが、
リヤエンジンの小型スポーツセダンとしては、
ドイツのNSU1000TTSなどと共に大好きなものです。

このミニカーはリヤの2本のストライプや、黒のボンネットフードなど、
シムカラリー好きの心をつかんではなしません。

私の喜ぶことが分かっている、心にくいプレゼントです。



他の人が見ればなんて事のないただのおもちゃです。
プレミアムなものでもなく、ビンテージ物でもありません。
特別に高価なものでもありません。

プレゼントというものは、もらった人が喜ぶことが一番良いとされています。

まさにそんな『おみやげ』でした。

それにしても、こんなマニアックなミニカー良く見つけたなあ・・・・・。

| | コメント (0)

2013年6月18日 (火)

スーパーディスクドッグショー

金曜日のNHKほっとぐんま640で紹介した、
世界に名犬牧場『スーパーディスクドッグショー』について、

「どうでした?」
「お客さんはいっぱい来ましたか?」

など聞かれました。


結果としてどのくらいの人がテレビをみて来場したかははっきりしませんが、
梅雨のなかのいベントにしては、まずまずでした。

テレビ効果か、ギャンブーを連れて控え室を出ると、
見ている人の反応がいつもと違っていました。

極めつけは、体験コーナーの子供ディスクでした。
いつもは4~5人限定ですが、沢山の希望者がいたため、
枠を拡大して11人のお子さんが参加しました。

テレビを見て、ディスクドッグ体験をしたくてやってきた方々です。

ありがとうございました。



世界の名犬牧場でディスクドッグショーを始めて7~8年たちますが、
ディスク体験した子供達の中から、ディスクドッグプレーヤーが誕生してくれたら、
大変嬉しいことです。

実際、現在ディスクドッグショーに出ているチームの中には、
私達のやっている世界の名犬牧場スーパーディスクドッグショーを、
見に来ていたことがきっかけっで、ディスクドッグプレーヤーになり、
数年後には、お客さんに見て喜んでもらう立場になっています。

ハル(アイリッシュセッター)
ピート(ラブラドールレトリバー)
メリー(MIX)
カノン(キャバリアキングチャールズスパニエル)

のディスクドッグがそうです。

惜しまれながらハルは引退しましたが、
今ではスーパーディスクドッグショーには欠かせない、
個性豊かなディスクドッグが誕生したことを嬉しく思います。

次のスター誕生を待っています。

↑今回のスーパーディスクドッグショーのダイジェスト映像です

| | コメント (4)

2013年6月17日 (月)

須賀りす朗読DVD完成

絵本
『誕生日の夜』
の朗読DVDが完成しました。

本日、原作者、撮影編集、パッケージデザインなどの、
製作スタッフが集まって最後の仕上げと確認をしました。

朗読は画家でもあり、朗読家でもある”須賀りす”です。
撮影、製作は私スタジオTABASAです。

撮影の様子は当ブログ2/22に書いてあります。



須賀りすさんは、FMで朗読の番組を持っています。
画家としては、まもなく個展開催の予定です。

今回製作のDVDは個展会場でも販売する予定です。
原作絵本付き1000円です。


時間をかけて、スタッフ一同が協力して、一つの物が出来上がったときの達成感は、
特別な想いがあります。
その達成感を味わうために作品を作っているといっても過言ではありません。

完成おめでとうございます。
スタッフの皆さんありがとうございました。

Dvd


須賀りす 作品展

 日時 6月27日(木)~7月2日8(火)
     AM11時~PM5時

 場所 ギャラリー柚子の木

| | コメント (0)

2013年6月15日 (土)

NHK『ほっとぐんま640』に出演

昨日は、NHKのテレビ番組
『ほっとぐんま640』に、
ギャンブー、シェイク、まりんと共に出演してきました。
出演の経緯については6/11、6/14のブログに書いてあります。

沢山の方から
「テレビみたよ~」
「ギャンブー頑張ってたね~」
「ディスクドッグってすごいね~」
などの連絡を頂きました。
ありがとうございました。


NHKの前橋放送局のスタジオに犬が入っての撮影は初めてのようで、
廊下ですれ違う人が驚いていました。

抜け毛の問題もありまので、シャンプーと念入りなブラッシングをして、
バリケン(移動犬舎)も綺麗に掃除をしました。

消臭スプレーや、ペットシーツ、ドッグマット(待機用)などフルセットで持参して、
万が一にそなえました。



番組スタッフの皆さんの犬への配慮のおかげで、
順調に演技することができました。

リハーサル3回のあと本番になりました。
リハーサルを重ねたおかげで、たいした緊張もなくできました。



本番前の時間を控え室で待っていたとき、、
NHK前橋放送局の女性キャスターの皆さんが犬達に会いに来てくれました。
いつもテレビで見ている方々です。
犬達と記念写真を撮ったりして
「カワイ~}
といわれてギャンブーご機嫌です。
Y・Mさんもご機嫌です。

そのままの楽しい雰囲気のまま本番に望むことができました。



本番では犬達も頑張って、全投キャッチのミス無しで無事終了できました。
なにより良かったです。

1.8m×2.4mのマットの上での演技でしたが、
ギャンブーは真上にジャンプできる犬なので、
ぴったり狭いスペースに収まっていました。


今回はディスクドッグというスポーツを理解して、
しっかりと伝えてくれた、番組スタッフに感謝します。


ギャンブーには狭いスペースで頑張ったご褒美として、
今日は広いBBフィールドで、おもいっきりロングスローを投げてやりました。

6401
↑熊谷キャスターと記念写真

6402

| | コメント (2)

2013年6月14日 (金)

本日生放送

いよいよNHK出演です。
犬を連れての初めての生放送でのパフォーマンスです。

スタジオ生中継。
スペースは2m×3m。
床は仮説のカーペット。

どんな状況でもできるのが一流のパフォーマーというのを聞いたことがあります。

今回はスタジオ慣れしている(NHK以外全放送局出演)シェイクが来ますので、
問題ないと思います。


それにしても、テレビスタジオにディスクドッグ4頭も入れて、
生放送でパフォーマンスを披露するとは、大胆な企画ですね。



そういえば昔、生放送にバンドで出演して演奏したことがありました。
ラジオだったので音の調整に凄く時間をかけていました。
まるでレコーディングのような感じでした。
あとで放送を録音したものを聞きましたが、
狭いスタジオとは思えない素晴しいものでした。



話がちょっとそれましたが、
犬を飼ってディスクドッグというスポーツをはじめて、
想像を超えた色々な体験をしています。

毎年アメリカに行ったり、
世界中に友人ができたり、
本気で喜んだり悔しがったり、
テレビに出たり、
ラジオに出たり、
本や雑誌に出たり、

これもみんなディスクドッグに出会い、
私もやってみようと思った17年前に始まっていたことなのですね。


非日常の生放送をギャンブーと楽しんできます。

本日、PM6時40分、NHKほっとぐんま640です。

| | コメント (4)

2013年6月13日 (木)

アルプ 初トリミング&レトリーブ

昨日今日の2日間でアルプの初めてのトリミングをしました。
自宅でバリカンを使ってやりました。
モコモコになっていたアルプがスッキリ、
でも初回なのであまり短くしませんでした。

エアデールテリアもそうですが、
トリミングを楽しめる犬って、手間はかかるけど、
仕上がったときの可愛さは特別なものがあります。



そして雨の合間を縫って、トレーニングに連れ出しました。

今週から布ディスクを追いかけてくわえるようになり、
今日は私のほうに走って持ってきました。(寄ってきた)
まだまだ正確ではありませんが大きな一歩になりました。

いままで硬いものは噛むのを嫌がってましたが
家の中では通常のプラスチックのディスクを噛んで、
ディスクタグで遊べるようになりました。

少しずつ少しずつ前へ進んでいます。
ゆっくりですがディスクドッグへの道を歩み始めました。


仔犬を育て、ディスクドッグに仕上げていく過程の楽しさを思い出した感じです。
今日できなかったことが、1週間後には出来るようになっていたことを感動したり、、
毎日のほんの少しの進歩が嬉しく思えたりしています。
ディスクドッグになることをイメージして、アルプとのトレーニングを楽しんでいます。

ディスクドッグを育てることは、本来楽しいことです。
悩んでいると面白くなくなってしまいます。
悩んでいる時間より新しい方法を見つけて、チャレンジしてみることが大切です。


この時期しかできない仔犬との生活を楽しんでいきたいと思います。

| | コメント (0)

2013年6月12日 (水)

雨の日は

雨が降っていてBBフィールドの草刈が出来ません。

台風の事もあり、今週末の北海道『ノーザンナショナル・ディスクドッグゲーム』が
心配です。
遠距離よりの参加のチームは飛行機が飛ぶのか。
フェリーは出航できるのか。



そんな梅雨の雨の日は、いつもバウンドバウの音響機材の
メンテナンスをすることにしています。

BBフィールドのPAの他、ディスクドッグショーのセットと予備機材も
一緒にやってしまいましょう。
いつも忙しく、しっかりメンテナンスをする時間がとれませんので、
一気に片付けてしまいたいところです。

ついでにライブも近いので、バンドのPA機材のメンテナンスも一緒に始めてしまいました。


雨が降っていますので外では出来ません。
リビングいっぱいに所狭しと置かれた機材とテストのためのコードで、
人間のいるところはありません。

修理に必要な機材はラックからはずして修理にだしたり、
システムアップのために用意したパーツをとりつけたり、
スピーカーやケーブルのチェックまで、
すべてをまとめてやってしまいます。

音響機材は重く大きいものが多く、ちょっと腰が厳しくなってきています。

あと2~3日で終わり、もとの片付いたリビングに戻る予定です。
たぶん・・・・・   無理かも・・・・・



トラブルで音が出ないと、ディスクドッグゲームも、ディスクドッグショーも、
クラブミーティングもできません。
フィールドコンディションと共に、良い音を提供することも、
とても大切な要素と考えています。
主催者として、より良い環境を提供できるように努力していきたいと思います。

1
ミキサー1台メンテナンス終了
奥のスピーカー達はこれから

2
↑こんな感じのメンテナンス風景

| | コメント (4)

2013年6月11日 (火)

NHKに出演

今度の金曜日の14日にNHK”ほっとぐんま640”という番組に出演します。
首都圏ネットワークの中の、群馬ローカルの番組です。

バウンドバウディスクドッグクラブ(BBDC)の紹介や活動内容、
ディスクドッグショーの情報を話します。

わたしも自宅にいるときは、良く見ている番組です。
まわりでも結構見ている方も多いです。


当日は生放送。
オープニングはギャンブーのディスクパフォーマンスからスタート予定。
なれないTVスタジオ、狭いスペース、生放送の中、
ギャンブーはどこまでのパフォーマンスが出来るかちょっと心配です。


私もいろいな所でディスクドッグパフォーマンスをやってきましたが、
生放送のテレビのスタジオでは初めてのことです。



テレビ出演は昨年7月の”ぶらり途中下車の旅”以来になります。
(当ブログ去年の7/24、7/27)


ディスクドッグをやっていて色々な経験をします。
日常では非現実的なテレビへの出演やもその一つです。
この非日常の緊張を楽しませていただきます。

「テレビ(スタジオの場合)に出ると、目つきが悪くなり怖い顔になる」

という妻の指摘がありますので、
テレビカメラをにらまないように笑顔でやってきます。


  ○NHKほっとぐんま640(首都圏ネットワーク内)
  ○6月14日(金)
  ○午後6時40分
  ○出演予定犬 ギャンブー、まりん、シェイク

ぜひ、見てくださいね。

| | コメント (0)

2013年6月10日 (月)

四万十ディスクドッグカップの写真アップ

遅くなりましたが、当ブログマイフォトに、
四万十ディスクドッグカップの写真をのせました。

私の出番が終るまで撮影が出来ませんでしたので、
上位15~20チームくらいになります。


ビッグゲームにおいてプレーヤーとカメラマンの両立は難しく、
プレーヤーとしてゲームに集中したいし、
せっかくのビッグゲームを記録に残したいし・・・・・


その結果が自分の出番が終ってからの撮影になってしまいました。
いつもなら、出番の3チームくらい前に準備をしてゲームに出ても大丈夫なのですが、、
ギャンブー初のメジャーゲーム、そして四万十までの大遠征なので、
ゲームに集中することにしました。

そんなわけで、写っていないチームも沢山あります。
ご覧下さい。

Ra4f01011

| | コメント (2)

2013年6月 9日 (日)

今日は盛り沢山

ディスクドッグに携わる人ににとって、本日6月9日は、
イベント盛り沢山な日曜日になりました。

AWIスーパーファイナル(AWIワールドチャンピオンシップ選考会)
スカイハウンズ アジア選考会(スカイハウンズワールドチャンピオンシップ予選)
JDDNウィンディーヒル(USDDNワールドファイナル予選 BB&DT前しょう戦)
などのビッグゲームが行われました。

そのほかに、横浜開港祭にイエズミ君率いるバウンドバウ有志による、
ディスクドッグショー。(土曜日曜二日間開催)

そして、昨日はバウンドバウ定例会。

みごとに重なってますね~




AWIもスカイハウンズも、なにも日本で行われる世界選手権の予選を同じ日に
やらなくても・・・・・
それぞれの団体のスケジュールの関係で6月9日になっているのだと思います。
ちなみに6月9日は大安です。

それぞれの団体に、だぶってチャンピオンをねらっているチームは少ないと思いますが、
プレスリリースや、メディアの取材や、PRなど、同じ日にやられてしまうと、
ちょっと困ったことになっているかもしれません。

昔の私のようにディスクドッグゲームを見学するのを趣味にしていた”観戦マニア”は、
同じ日にやってしまうと、どれを観に行くか悩んでしまうことでしょう。




速報が入ってきました。

JDDNウィンディーヒルは、内田&ハチの感動の初優勝で幕を閉じた模様です。
2位矢口&パルサー、
3位には、なんと、なんと、藤井&ミゼットが入ったようです。
おめでとうございます。

その他の結果は、随時入ってくると思いますが結果が楽しみです。

私は、ディスクドッグプレーヤーでありますが、
その原点はディスクドッグゲームの観戦を楽しむことから始まっています。

いまでも”観戦マニア”健在です。

| | コメント (0)

2013年6月 7日 (金)

雑草との戦い(草刈の日々)

どうして、雑草ってドンドン伸びてしまうのか・・・。

雑草って何だ?
犬飼の私としては雑草=雑種(雑交配種)という事を考えてしまいます。
それでは、純血草もあるのだろうか??
植物学的には、そもそも植物には、雑草という定義は無いと思います。
                           (詳しくはわかりませんが)
人間が人間の都合で決めている感じです。

芝を植えて管理していれば、芝以外の草がが雑草となるわけです。
稲作をしている農家では、稲以外の植物が雑草になるわけです。

主役のスター植物がいて、雑草は悪役のような感じですかねえ・・・。



話がドンドンどうでもいい内容になってしまいました。

それでは本題の話です。
BBフィールド(バウンドバウ・フィールド)はこの季節になると、
毎年雑草との戦いが始まります。

刈っても刈ってもすぐ伸びてくる。
ちょっとサボればジャングルのように(大げさ)になってしまいます。
人間はどうでもない高さの草でも、犬(特に小型犬)にとっては、
なかなか問題になってきます。
走りにくくスピードが落ちたり、視界が妨げられたり、落ちたディスクが見つけにくかったり、
などです。

BBフィールドでは、ハンマーミル式のエンジン草刈機がありますが、
毎日1~2時間ずつやって、何とか追いついている感じです。
今年は乾燥しているので、草刈機をかけると土ぼこりも凄いです。


先日スターターが壊れたので修理に出しました。
そのとき店においてあった、乗用式の草刈機が欲しくなりました。
『草刈まさおくん』
冗談のような名前の草刈機のなかのスーパースターです。
まさおくんがいてくれたら
フィールドコンディションはいつもベストな状態に保つことが出来ます。

まあ、お値段も軽自動車一台分位なので、ちょっと無理か・・・・・。



あと5ヶ月の間、先の見えない厳しい戦いが続いていきます。

41yrckkjhdl_sl500_aa300_
     ↑こんなのが欲しいです。

| | コメント (2)

2013年6月 6日 (木)

バルカ ドッグカフェデビュー

高崎に出来たドッグカフェ『カフェバーりんご』はバルカを連れて行ってきました。
私はオープン記念のときに行って以来、一ヶ月ぶりです。
犬を連れては始めての来店です。

バルカは、仔犬のとき(4~6ヶ月)ドッグカフェ”しふぉんのおうち”に、
撮影会のとき連れて行ってましたが、
ドッグカフェに行って食事を共にするのは、初めてです。

暴れん坊のバルカですがカフェでは なんとか大人しくしていられました。
もちろんギャンブーも連れて行きましたが、ギャンブーはいつものように、
イイコにしていました。


バルカはディスクドッグとして育てていますが、
ディスクドッグとして活躍すると共に、
いろいろなことが楽しめればと思って育てています。

バルカは今日も新しい体験をして、経験値が少し上がったかもしれません。


人間はおいしいランチに大満足。
色々なドッグカフェに行きますが、
食事が美味しいと、次も行ってみようと思います。



私が犬を飼い始めた17~8年前は、犬と入れる場所もほとんど無く、
遠く千葉や神奈川のドッグカフェまで出かけていきました。
アメリカやヨーロッパの犬が日常生活のなかに当たり前に存在して、
愛犬と共に行動を共に出来る生活環境にあこがれたものです。

今では、ドッグランをはじめ、犬と入れるレストランやカフェが、
沢山出来きたことを嬉しく思います。


今日行ってきた『カフェバーりんご』は夜遅くまでやっていて、
色々な種類のお酒も楽しめるお店です。
また新しいタイプのドッグカフェの誕生です。

私の住んでいる地域は犬の入れるお店も多く、
犬を飼うものにとっては恵まれた環境です。
ちなみに、うちの近所だけでも5~6けんの犬と入れるカフェやお店があります。

バルカのカフェデビュー記念の本日でした。

1
オリジナルデミグラスソースが美味しい名物ハンバーグステーキ

2

| | コメント (0)

2013年6月 5日 (水)

バルカとフリースタイルをやってみる

昨日、私ヒロがバルカとフリースタイルをやってみました。
激しくディスクにアタックしていくのが新鮮で、やっていて面白いです。

バルカは今のところ、ギャンブーのように落ち着いて正確にディスクキャッチが
できるような犬ではありません。
ギャンブーのようなあまり高くないドライブの犬とやっていると、
そのドライブの高さだけで結構面白くディスクが出来ます。
今後ドライブをどのようにコントロールしていくか課題です・
正しいドライブが作れれば、心の強さや、身体能力を生かして、
ストロングスタイルのチームになっていけそうです。


まだまだ出来るトリックも少なく、
ルーティーンが完成しているわけでもないので、
トリックを繋げてだけのフリースタイルですが、
ジャンプや着地、走りもいいものを持っています。



興奮からくるドライブは、興奮が冷めると共に集中力が低下していきます。
また、極度な興奮はミスを誘います。
これは犬だけではなく、プレーヤーである人も同じです。

必要以上の興奮状態になるにはいくつかのことが考えられます。

 コマンドや褒めるときの声のトーンや大きさ。
 場面によってのコマンドの必要か不要か。
 必要以上に褒めすぎてはいないか。
 コマンドの言葉の選択はあっているか。
 プレーヤーが興奮していないか。

など、犬によって違うと思いますが、
バルカの場合どれも当てはまっていて、興奮を助長させていましたいました。

一つ一つ犬を観察しながら正しいドライブを作っていくことが大切です。



一昔前の犬のディスク欲でフリースタイルをやるのではなく、
正しいドッグコントロールや正しいドライブを作っていくことが、
素敵なフリースタイルを表現するのに必要になってます。

バルカはまだ一歳になったばかりです。
正しいドライブが作れるかが、バルカをディスクドッグとして
大成させるかの鍵を握っています。


今、ノウハウを仲間と共有してトレーニングを出来ること。
その環境が大切だと思っています。

| | コメント (0)

2013年6月 4日 (火)

懐かしい写真発掘

9年以上前の写真だと思います。
私がケイト(ビアデッドコリー)とフリースタイルをやっているときの写真です。

Kate1

Kate2

Kate3

ケイトは
タバサ(ラブラドールレトリバー)
アデル(エアデールテリア)の次のディスクドッグです。

その後、私はパートナーチェンジをしてまたアデルとのペアに戻りました。
妻がその後ケイトとチームを組んで大会に出ていました。
私とケイトがチームを組んでいた半年間の数少ない写真です。


ケイトは現在10歳9ヶ月になりました。
大会からは早めの引退になりましたが、ディスクは大好きで
まだまだ元気で、今日もディスタンスを俊足で走りきっていました。

ケイトは身体能力の高い犬です。
ディスクドッグに育てるのに、今の知識と技術があれば、
もう少し活躍させることが出来たのではないかと、
ちょっとだけ残念な気持ちもあります。

でも、今でも元気にディスクを追いかける姿を見てと幸せな気分になります。
元気が一番。


ビアデッドコリーは大好きな犬種です。
機会があったら、またビアデッドコリーでディスクにチャレンジしたいと思っています。

| | コメント (2)

2013年6月 3日 (月)

HIRAI氏特別セミナー終了

昨日のバウンドバウディスクドッグクラブ特別セミナーが終了しました。
ゲストトレーナーにY,HIRAIしを招いてのセミナーです。

反響が大きく、21チームという多くのチームの参加がありました。
事前に、各チームの問題点や質問事項を提出してもらって、
効率よい進行を心がけました。

成果のほどは各自しっかり持ち帰ったことと思いますので、
ここでは詳しく書きません。



私が今から10年前、初めてHIRAI氏のセミナーを受けたときの衝撃を、
今でもはっきり覚えています。
なんとなく見よう見まねでやっていたディスクドッグを、
理論に基づいたトレーニングすることによって、
正確に犬が動いて、正確にキャッチすることを学びました。


今回初めてHIRAI氏のセミナーに参加した人が沢山いましたが、
衝撃をうけて帰っていったことでしょう。

よく『目からウロコ』という言葉を使いますが、
まさにその言葉がぴったりです。


セミナーの最後に一人ひとりにメッセージをこめた、コメントを頂きました。
今ディスクドッグで抱えている問題は、目の前に見えていないところにあったり、
それぞれの犬の特性を見抜いたアドバイスなど、
未来につながるものでした。
トレーナーとしての格の違いを感じるとともに、
夢に向かって頑張れる核心の持てるものでした。


参加したチームが、次のゲームで変化を見せられて、
良いセミナーだったという結果にしたいと強く思います。



参加するのか悩んで悩んで、勇気を持って参加した人もいたことと思います。
その決断を嬉しく受け止めています。
そして、その決断が次のステップアップにつながっていく事を確信してます。


HIRAI氏も世界を飛び回る多忙な方なので、
次の特別セミナーは未定ですが、
ぜひ、開催したいと考えています。

| | コメント (4)

2013年6月 1日 (土)

バルカ1歳

我が家のバルカ(ラブラドールレトリバー)が1歳になりました。
妻NOBUKOのディスクドッグのパートナーとして迎えました。

なかなかタフで心の強い犬です。
4月の”秋が瀬ディスクドッグアゴーゴー”でフリースタイルにデビューしましたが、
脱走癖も含め集中力に問題が発生して、ゼロから作り直しています。
脱走はほぼしなくなり、においをとるなどの問題行動もだいぶ改善されてきました。

四万十カップではトス&フェチに出場して、
リレーも上手くいき6頭投げることが出来ました。


そしてバルカは、本日よりフリースタイルのトレーニングを再開しました。
『BB&DT』に間に合うように、2分間のルーティーンを決めて、
セグメントごとの短い練習を始めました。
出来ることを繋いだだけのシンプルで簡単なルーティーンですが、
2分間やりきることが大切です。

と言っても、頑張るのはバルカとパートナーを組む妻であって、
私は、マンツーマンでトレーニングに付き合って、
アドバイスをするのが役目です。


バルカという犬が来て、12歳まで頑張ってきたアデルに変わって、
また妻もディスクドッグにチャレンジをすることが出来ます。
幸せな事だと思います。

現役続行、まだまだディスクドッグ続けていきます。

| | コメント (2)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »