« ディスクドッグゲームに出る | トップページ | バルカとディスタンスに出てみる。 »

2013年5月11日 (土)

HIRO’S VISION#3終了

本日、HIRO’S VISION#3が行われました。
このシリーズ戦も3回目になりますので、
目的や役割がはっきり見えるようになってきました。


今回は、ケイナインジャッジ及びプレイヤーズエレメンツジャッジに、
USDDN全米選手権3連覇、PIDCワ-ルドチャンピオン、
2回のドグタウンカップチャンピオン、など数々のタイトルを獲得して来た、
H,SYUNSUKE氏を迎えての開催になりました。

結果は、
優勝 平井皇介&ジェイク
2位 小西&ライカ
3位 清水&ニキ

優勝の皇介&ジェイクのポイントは136点をこえる、ハイスコアでした。
トスフェチ22.5ポイントの満点、そして決勝ラウンド1ミスの素晴しい演技でした。
2位の小西&ライカは、ヨーロッパのセミナーの講師やジャッジをして帰国。
帰国後すぐのゲームでしたが、トレーニング不足を感じさせない演技でした。
清水&ニキが決勝ラウンドでノーミスの演技をしても、優勝に届かず、
なんとも、ハイレベルなゲームになりました。


ゲームが終った後、ビデオセッションも行い、
今日のゲームのや参加チームの検証をしました。
とても有意義なビデオセッションになりました。



昨日のブログにも書きましたが、ゲームに出て初めて見えてくるものがあります。
ディスクドッグチームの成長にはゲームに出ることが絶対必要だと再認識しました。

次は、来週のJOTTO(ジャパンオープントーナメント)です。
今度は私もジャッジではなくプレーヤーとして、ギャンブーと参加します。

|

« ディスクドッグゲームに出る | トップページ | バルカとディスタンスに出てみる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ディスクドッグゲームに出る | トップページ | バルカとディスタンスに出てみる。 »