« 秋が瀬ディスクドッグ ア ゴーゴー | トップページ | ジグザグ »

2013年4月 9日 (火)

ビデオ検証終了

先日の
「JADCディスクドッグ ア ゴーゴー」
のビデオを全部見ました。

大会の後、必ずビデオ検証をしないと気がすまないので、
昨日と今日で2回見ました。

どのチームのルーティーンがカッコイイか、
どのチームが今年を引っ張っていくのか、
いろいろなチームの、プレーヤーの心理状態や、
犬の状態など、見ていきます。
JDDNのゲームでは、全チームのリザルト(各項目の点数と順位)が
公表されます。
それを見ながら、ビデオを見るのが、私の楽しみになってます。


もちろん、自分のチームのプレーも細かく検証しますよ。
自分の思っている自分のチームと、他人が思っている自分のチームの
見え方やイメージのギャップは、ビデオで確認するのが一番です。
ビデオを見ながら自分のルーティーンを、ジャッジの目から検証するのも良いです。




大会が終った後、よくこんな話を聞きます。

「もうちょっと、出来るはずなのに」

「今回は上手くいかなかった」



私も、今回終った後に、

「キャッチ率が悪かったなあ。もっとキャッチできたのに」

と言ったら、

「いつも、そんなもんでしょ。いつもどおりだよ。」

と、妻に言われました。



自分では、上手くいったときのイメージが強く残っていて、
それを基準に考えてしまいがちです。
でも実際の練習での平均を取れば、今の自分のチームの現状が見えます。


エクスキューション(キャッチ率)について例にとると、
2分間のルーティーンのトレーニングのときに、
エクスキューションを、数えてやっていないで、
印象や感覚だけでやっていると、本当の自分のアベレージが、
まったく分かりません。
まして練習では、”やり直し”というアドバンテージを使ってしまいます。
ますます本当の実力が見えなくなってしまいます。

練習で無理ならば、過去数ヶ月のゲームでの平均を出してみてください。
JDDNのゲーム、及びBBDCのゲームでは、
必ずジャッジペーパーをもらっているはずです。
出てきた数字、それが、本当の自分のチームの実力です。


私も計算してみると、ギャンブーとの今のチームのフリースタイルのキャッチ率は、
7点台の真ん中くらいです。
自分としては、8点台は楽に行っている思っていました。
1ミスの日もあれば、6点台のときもあります。
残念ながら、これが、本当の実力です。



「何を期待しているんだよ」
「大会で、いつもどおりに出来れば最高だよ」

冷静に妻にそう言われ、

「その通り」と、なっとくしてしまいました。


今の自分のチームの実力を、頭の中の妄想ではなく、
現実として理解し、受け止めることが出来て、
はじめて次のレベルに進めるのだと思います。

|

« 秋が瀬ディスクドッグ ア ゴーゴー | トップページ | ジグザグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋が瀬ディスクドッグ ア ゴーゴー | トップページ | ジグザグ »