« ギャンブートレーニング日記 JADC秋が瀬へ向けて | トップページ | HETA-UMA(ヘタウマ) »

2013年3月18日 (月)

芸術の春

土曜日は、古くからの犬友達の画家である、
上杉一道画伯の個展に行ってきました。
ぐんまで開催のときは見に行ってますが、
いつもながら、作品のパワーを感じます。

20130307_1430041

上杉氏とは、もともとラブラドールレトリバーつながりでしたが、
お互い愛犬のラブラドールレトリバー数年前に死んでしまいました。
それから3年たって、うちにバルカが来て、
上杉氏の所にも新しいラブラドールレトリバーがやってきます。

カヌーとキャンプをライフワークにしている、
アクティブな上杉家にはぴったりの犬ですね。

私の撮影した本にも何度も登場してもらっていますので、
一緒にカヌーに乗っている、ラブラドールのケビンをご存知の方もいると思います。

お互い新しいラブラドールレトリバーとの生活を楽しみましょう。





日曜日は、こちらも古くからの音楽仲間のコンサートに行ってきました。
クラッシックギタリストの加藤和二氏の音楽ユニット『ペガサス』です。

加藤氏は私とは現在『ゼロ・ストーン』という、
コンテンポラリー・ミュージックのユニットをやってます。
彼のギターはもちろん、彼の作り出す楽曲がインパクトがあって気に入ってます。

コンサートは満席で、大盛況でした。

加藤氏の場合、ナチュラルに音楽と生活している感じです。
気張ったり、意地になったりしないで、空気を吸うように音楽と暮らしてます。
そして、そのレベルは常に高いところにあり続けています。

20080520hisayo061



今回この二人に感じたことは、
二人とも
「人生を楽しむプロフェッショナルである」
という事です。
プロとしての、絵画や音楽は自己表現そのものなのですが、
その根底には、好きな事を存分に楽しんでいる、
開放的なプラスのエネルギーを感じ取ることができました。

刺激的な2日間でした。

|

« ギャンブートレーニング日記 JADC秋が瀬へ向けて | トップページ | HETA-UMA(ヘタウマ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギャンブートレーニング日記 JADC秋が瀬へ向けて | トップページ | HETA-UMA(ヘタウマ) »