« MDSFの写真UP | トップページ | 芸術の春 »

2013年3月16日 (土)

ギャンブートレーニング日記 JADC秋が瀬へ向けて

春になり、いよいよディスクドッグのシーズンがやってきました。
今年は、USDDNの日本でのクォリファイゲームが一つ増えて、
4回に開催になります。(一回は開催済み)

我がバウンドバウの名前のついたゲーム、ドグタウンファクトリーとのコラボゲーム、
「BB&DT」がクォリファイゲームに昇格されます。


そんな中、今年を占う大切なゲーム、「JADC秋が瀬ディスクドッグ・ア・ゴーゴー」が、
4月7日(日)に行われます。

ギャンブーにとっては、2分間のフルルーティーンを作っての初めての、
3Rフルラウンドのゲームのなります。
そして、ゲームとしては初めての遠征になります。



昨年は名犬牧場スーパーディスクドッグショー、BOB犬種別選手権、
ジャパンオープントーナメント(JOTT)に参加。
今年になって、ランブルスペシャルシリーズ、レイクタウンディスクショー、
MDSFに参加しました。
そして、JADC秋が瀬より新しいチャレンジが始まります。



JADC秋が瀬に向けて、今やっていることは、

①パッシングの距離を少しづつ伸ばして行くトレーニング
②キャッチとキャッチの間を短くしてセグメントの流れをスムースに(マヌーバ)。
③トス&フェチのカービングスロー
④ランニングからのオーバー

などです。

①のパッシングですが、両方向とも今は15ヤードくらいですが、
これを20ヤード以上にもっていければと思います。
そんなの、投げちゃえばいいだけと思いがちですが、
ギャンブーのドライブを確認しながら、少しずつ伸ばしていく作業になってます。
わずか5ヤードもギャンブーにとっては、長い5ヤードです。

②の間隔を詰めすぎると、ドライブの下がる瞬間がありますので、
追い込まないように少しづつ、詰められるところを詰めていってます。
私のアクションで、フォローできることもあるので、
マヌーバについてはもっと考えていきたいと思います。

③のカーブスローはだいぶ完成に近づいてます。
綺麗なジャンプキャッチを決めています。
後は私のスローが確実に40ヤードラインに届くかどうかです。
風向きによって微妙です。

④ランニングからのオーバーは、やり方を工夫することで、
少し出来るようになってきました。
連続で出来るように練習してます。



ギャンブーにとっては、実戦モードでのトレーニングは初めてです。
「ゲームに出られればいいや」、から、一歩を踏み出す決断をしました。
今シーズンがチャレンジ一年目、目標にむかってを焦らないでやっていきます。


何人かに人に、
「ギャンブーは大化けするかもしれない」

といわれたことがありました。

ギャンブーの身体能力の優れていろところを見て、
言ってくれたのだと思います。

ギャンブーを飼い始めたときの、ディスクを追わなかった時から見れば、
私の中では、すでに「大化け」したのではないかと思っています。

今、ギャンブーとのディスクドッグライフを存分に楽しんでます。
本当の「大化け」のときまで、楽しんでやっていけたら最高です。

|

« MDSFの写真UP | トップページ | 芸術の春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MDSFの写真UP | トップページ | 芸術の春 »