« 公園が狭くなる | トップページ | ディスクドッグ・クラブについて考える »

2013年2月19日 (火)

プロフィール

当ブログのプロフィールをちゃんと作りました。
毎日沢山のアクセスがあり、一体私がどんなことをやっていて、
どんな立場の人なのかが、もっと明確にしなくてはいけません。

プロフィールを考えるでは、昨年のブログ(6/14)でちょっと書きました。

私も、いろいろなブログやホームページを見ますが、
書いている内容も大切ですが、だれが書いているのか興味がわきます。


たとえばよくあるラーメン通ブログを例にとると、
自分の立場を明かさないで、ラーメンの批評や、
味の優越を論じたりしているブログをたくさん見かけます。
この人は、プロのラーメン評論家なのか何なのか、
ただの普通のラーメン好きなのか、
はたまた毎日何杯もラーメンを食べているコアなラーメンマニアなのか、
分かりません。

普通の場合、プロは身分を明かし、プロとしての影響力を考慮して、
プロの責任を持って書いているものが、ほとんどです。
信頼度は、非常に高いと感じています。

また、コアなマニアの方は、身分を明かさなくっても、
食べている数や、ストイックな文章の表現で引き込まれたりします。
人生をかけて取り組んでいる、重さを感じるものもあります。
信頼度よりも、書いている個人の情熱が勝っていて好きです。

良く分からないのが、たまの休日にラーメンを食べた感想を、プロのように評論して、
コアなマニアのように、上から目線で語っているブログを見かけます。
自分の身分を明かしていないし、文章にも全く説得力が無く、
自称、ラーメン通を気取っているのが見えてしまいます。
ラーメン本の記事をそのまま転用したような文章に、信頼性は感じません。


以前、『数が物語る真実』という内容で、ブログを書きました。(11/29)


毎日、毎日、ラーメンを食べ歩いている人と、
ラーメンのガイド本をみて、たまにラーメン屋に足を運ぶ人と、
同じラーメン通にはなりませんよね。



ラーメンのブログの話になってしまいましたが、
ディスクドッグのブログも同じようなものです。


身分を明かし、立場を明確にして書いているブログは、責任が生じます。
名前が出ないから、言いたい放題では困ってしまいます。


ということで、ブログのプロフィールを、分かりやすく作り直しました。
私はこんな人間ですので、よろしければ末永いお付き合いをお願いします。

|

« 公園が狭くなる | トップページ | ディスクドッグ・クラブについて考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 公園が狭くなる | トップページ | ディスクドッグ・クラブについて考える »