« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月30日 (水)

TBSテレビ『はなまるマーケット』明日放映

昨日のブログでも書きましたが、
明日 AM8:30 TBSテレビ『はなまるマーケット』にて、
水上高原リゾートの犬ぞり&ディスクドッグを放映の予定です。
何時ごろ、どのコーナーで、どのくらい取り上げるかわかりませんが、
お時間のある方は、ぜひご覧になってください。


テレビの影響力は大きなもので、とくに動物の番組以外の一般の番組では、
ディスクドッグのことなどあまり知らない人がたくさん見てくれていますので、
より多くの人にディスクドッグが認知してもらえます。


今後も、テレビ、ラジオ出演や、ディスクドッグショーなどを通じて、
ディスクドッグというスポーツの、面白さを伝えていければと思います。



| | コメント (2)

2013年1月29日 (火)

テレビ出演いろいろ

この10日間くらいに私の犬仲間が(私もちょっとだけ出てます)、
たて続けにいろいろなテレビに出ています。
一つ一つ詳しく照会したい所ですが、今回はまとめて報告のみとします。


当ブログ1/5に書いた収録のオンエアが1月16日にありました。
動物番組や、バラエティーではなく、
ニュース番組でディスクドッグを取り上げてもらいました。
USDDN世界選手権ワ-ルドチャンピオン、”FUTAMI&ルシータ”チームに、
スポットをあてた番組でした。
バウンドバウのみなさんも映ってましたよ。


その後1月25日、我がバウンドバウのMURATA&シェイク、
『知りたがり』
という番組(フジテレビ)にスタジオ生出演。
芸わんグランプリ、順グランプリとして、生放送の中パフォーマンスを披露。
ゲスト一同オオウケでした。
いろいろテレビに出ることはありますが、生放送というのは余りありません。
面白かったよ~。


次は、26日(日)。
日本テレビ『シューイチ』に、俊介と皇介が出演。
収録は水上高原リゾート。犬ぞりとディスクドッグでの登場でした。


28日(月)は、
『めざましテレビ』(フジテレビ)に芸わんグランプリファイナルのオンエア。
ちゃっかり私も映ってしまいました。


同28日(月)
はなまるマーケット(TBS)犬ぞり収録。オンエアは未定。



今回は、メジャーな番組が多かったので、ご覧になった方も多いと思います。
犬を飼って、ドッグスポーツをやっていなかったら、縁が無かったテレビ出演。
犬を飼ったことからことから始まる、楽しい非日常な出来事。
犬の力ってすごいと、あらためて感じます。

Photo

| | コメント (0)

2013年1月28日 (月)

レイクタウン ディスクドッグショー終了

26日(土)、27日(日)のレイクタウン越谷のインドア・ディスクドッグショー、
無事終了しました。

予想通り、多くのギャラリーに来ていただきました。

ショッピングモールの中に人工芝、フェンスなど設置して、
特設コートを作っていただいて、とてもやりやすく、
華やかなショーを行うことが出来ました。
主催者の皆さんありがとうございました。
(7、5m×15mの予定だったコートは、実際には、5m×7mでした。)



私達の前に、ドッグダンスのショーが行われました。
レベルの高いドッグコントロールやトリックなど楽しませていただきました。
沢山のギャラリーの中、犬の集中力の高さと、
ハッピーに指示に従う姿は、見習うべきことも多くあり、とても参考になりました。


ギャンブーは、二日間集中を切らすことなく、
スリッピーで狭いコートの中で、ほとんどミスが無く、
9割位のチャッチを決めていました。

伸子&シャックはギャラリーの反応はNo1でした。
トリックが決まるごとに大きなな歓声がわいていました。
予想通り、美味しいところをもっていきました。
夜中の一時ごろシャックを返したら、
今朝おきて、ちょっと寂しさが・・・。



参加のチームの皆さん、
お手伝いに駆けつけてくれた皆さん、
見に来てくださったギャラリーの皆さん、
主催者やスタッフの皆さん、
そして、シャックを貸してくれた俊介、
ありがとうございました。

最後に、楽しい時間を作ってくれた、U,MURATAさんに、
感謝して終りたいと思います。
ありがとうございました。

Photo
右からニキ、りゅう、シャック、ラファエル、ギャンブー、ジップ
ステージの前が、特設コートになってます。

| | コメント (2)

2013年1月26日 (土)

今週末ビッグイベント目白押し

今週末は、私達はレイクタウン越谷でディスクドッグショーですが、
他にも、ビッグなイベントが行われます。


岩手県の西根で、犬ぞりのレースが行われます。
ドグタウンファクトリーの俊介、皇介、二見、ランブルドッグスの皆さんは、
今頃、雪の西根にいることでしょう。

水上高原ホテルでは、犬ぞり体験スクールのほか、
雪上ディスクドッグショーが行われます。
コチラは、Yachi、小西ライカ、BOメリー他が行います。


どのイベントも、トップクォリティーを維持するため、プレーヤーや犬の編成などもあり
我がレイクタウンのショーではNOBUKO&シャックのチームが誕生しました。

水上は、全米ディスクドッグチャンピオンの小西&ライカが登場します。


どのイベントも大成功に終ることを祈ってます。


今週末のイベント三昧が終れば、次の週末、
2月2日~3日はいよいよナゴヤドームです。
その翌週はBBカップです。
ビッグイベントが一杯の週末が続きます。

では、レイクタウンに行ってきます。

| | コメント (4)

2013年1月25日 (金)

レイクタウン越谷 インドア・ディスクドッグショー

いよいよ明日、明後日になりました、レイクタウン越谷・インドア・ディスクドッグショー。
巨大ショッピングモールのイベント会場でのショーです。

過去インドアショーはナゴヤドームや西武ドームをはじめ、
室内ドッグランなどで何回も経験がありますが、
ショッピングモール内でのショーは初めてになります。

特設コートを用意してくれた主催者に感謝します。

おそらく、たくさんのギャラリーが集まってのショーになると思いますので、
ギャラリーへのアピールや対策も含めて、準備しています。
予想では、ギャラリーは数百人のになるそうで、
大きな吹き抜けの広場の、上から見ている人を入れれば、
1000人に達することも予想されるそうです。

よく、段取り8割などといいますが、こりゃ段取り9割以上で望まないといけないですな。


出場チームは、

 Y,SHIMIZU&ニキ(ラブラドールレトリバー)
 C,SHIMIZU&ジップ(ラブラドールレトリバー)
 H,SAKAI&ロケットギャンブー(MIX)
 N,SAKAI&シャック(ボーダーコリー)
 I,SATO&りゅう(MIX)
 H,HASHIMOTO&ラファエル(ボーダーコリー)

ディスクドッグ世界選手権参加経験のあるプレーヤが私も含め3人もいますので、
演技については心配ありません。

あとは、進行とショーアップがどこまで上手くできるかにかかってます。

お時間のある方は、ぜひ見に来てください。


  場所 イオンモール越谷レイクタウンMORI
  日時 1月26日(土)、27日(日)
      11時~11時30分


P,S,
昨日より、ディスクドッグショー出演のため、シャックがお泊まりしています。
久々のギャンブーと仲良くしています。
このコンビを見ていっると、癒されますねぇ~。

| | コメント (0)

2013年1月24日 (木)

誕生 NOBUKO SAKAI & シャック

今週末のイオンレイクタウン越谷のディスクドッグショーに、
酒井伸子&シャックの即席チームが参加します。

シャックという犬は有名すぎるくらい有名で、
俊介&シャックのコンビで、ディスクドッグ全米選手権3連覇や、
USDDN世界選手権では、表彰台に5回も上がった世界でも有名な犬です。

そのシャックが、今回のビッグイベントで、ノブコ&シャックとして有志を見せてくれます。
果たしてどうなることやら、楽しみでもあり、不安でもあります。
うまくいくには、ノブコのドッグコントロールと、トスの正確さにかかっています。
本番に強いプレーヤーなので、けっこう美味しい部分を持て行ってしまうかもしれません。



皆さんの中には、不思議に思う方もいるかもしれません。
他の人の飼っている犬と、ディスクが出来るのか。(今回シャックの飼い主は来ません)
ましてそれが、色々な複雑なトリックを使って技をくりだすフリースタイルで。

これが出来るのは、犬にディスクを教えていくときに、
共通の約束をもとに教えて行っているからできるのです。
それは、コマンド→サイン→アクションや、ローハイなど、
ディスクドッグの基本原則である約束をしっかり犬が覚えていて、
それによって、犬が正確に動いて正確に技をやれるわけです。
これには、プレーヤーである人間が、約束を守って行うのはもちろんです。



シャックは、ドライブがしっかりコントロールできていて、
いつでも冷静に指示を聞ける犬に育ててます。
興奮でディスクをやるような犬ではありません。
興奮状態でのドライブはルーティーンの遂行に支障をきたしたり、
キャッチミスにつながったり安定しません。
場合によっては、ケガにもつながってしまいます。


つい、ディスクジャンキーで、トゥーマッチドライブなディスクドッグに育ててしまいがちですが、
シャックという犬を見ていると、正しいドライブの犬を育てていく大切さをあらためて感じます。

「興奮から来るドライブは、その犬の本当のドライブではない」
「犬が本当の能力を発揮するのは、冷静になっているときだ」

賢人の言葉を思い出しました。

Photo
2009 USDDNにてシュン&シャック
           (撮影HIRO酒井)

| | コメント (0)

2013年1月23日 (水)

チェアスティ再考

『チェアスティ』
について、色々質問が来ていますので、そのことについて書いていきます。

最近チェアスティの名称と、その形だけが間違って伝わってしまって、
本当のチェアステイとは、かけ離れたものになっている場面を見ることがあります。


ウエイト(待て)の状態を、イスの上でやっていて、イスから降りるという行為が、
犬が動いたたことの判断にして、再びイスの上でウエイトさせる。
そして、その時、犬が興奮していたり、緊張していたり、
時にはワンワン吠えている状態も目にすることがあります。


全くチェアスティとは別のものになってしまってます。

どうしてこのように伝わってしまったかは疑問ですが、
これでは、ただイスの上に乗っている犬が、
ウエイト(待て)のコマンドで動かないでいる状態です。


チェアスティとは、コマンドではなく、その状態(おこっている事実)のことを言います。
ウエイト(待て)のような、次のコマンド(指示)を待っている、
指示待ち待機状態ではありません。
コマンドではなく、与えられたスペースで、犬自信が自主性で考えて習得していくものです。

犬が安全で、落ち着いて、くつろいでいられる場所を飼い主が犬にあたえて、
人にも犬にも自由な空間と時間を作っていく手段です。
(わたしのマトラのチェアスティを見た方はイメージしやすいと思います)


やり方については、2006年パムマーチンが来日したときのセミナーでのレポートが
ありますので、そちらを乗せておきますので参考にしてください。




 チェアスティ


「チェアスティ」とは、アメリカのドッグトレーナー パム・マーチンが考案し、実践しているトレーニング方法です。

Pam
パム・マーチン&ロケット
2007USDDNにて(撮影HiroSAKAI)

このチェアスティを覚える事によって、犬はチェアの上(指定された場所)で、自ら落ち着いた時を過ごせるようになります。そして、(犬の)社会化ができ、人も犬も自由になれるのです。
つまり、犬は、限られたスペースですが、その中では自由で安全であり、自分は今何をすべきか、何をしてはいけないか、を考えるようになり、Quiet Timeを覚えます。
人も、犬が安全な場所で落ち着いていられるので、安心できます。

<チェアスティのやり方>

1.犬の2倍くらいの広さで安定した快適なイスやテーブルを用意する。

2.体を抱えて降ろし、4つの足がついた瞬間に「STAY」その後、アイコンタクトしながら再度「STAY」(慣れたらUPで上げて、アイコンタクトして「STAY」)

3.犬は、イスから降りなければ、立っててもフセてもオスワリでも何をしてもいい。
  でも、イスやリードを噛んだり、吠えたら直す。

4.「OK」で、リリースした後は、何もしない(OKがご褒美になる)

<トレーニング方法>

1.STAYの声のトーンやボリュームが非常に重要で、語尾を上げたり、下げすぎたりしないで、まっすぐなトーンで断固たる意思が伝わるような言い方をする。

2.犬が触れない程度に離れ、忙しい振りをして、目は合わせず、でも犬を察知しながら動く。

3.時間を長くしたり、回数を重ねたりする時は、イイコにしている時に、時々褒める。
  穏やかにボリュームを下げて短く。

4.降りてしまう時は、素早く無言で(首やお尻をつかんで)戻し、手や言葉でSTAY 
  何度も降りてしまうときは、降りた瞬間に「NO!」も言い、より強い声でSTAY!
  分かっているけど、やりたくない、という時も負けないで、少し強めにイスにおろす。
  その後、いつも通りに過ごし、怒ってないと伝える。

5.理解しているかどうかを試すには、近くに座りこんだり、いつも通りにスタスタと通りすぎてみる(つられて降りなければOK)

6.その犬ごとの誘惑レベルを考えて環境設定をしてやる。

<大事な事>

1.あくびをしたり体を掻いたりするのは、頭を使ってナーバスになっているからで、犬が考え始めている証拠。いい傾向です。
  STAY後に、即あくびをする場合は、回数が重なり緊張度が高い場合が多いので、わざとハイテンションでやる。

2.イスの上で、SITやDOWN し始めたら、犬が何をすべきか理解した結果。

3.初めての場合は、まず ON と OFF を教えるのが大事で、STAY後、2~3秒でリリースを5回くらいでよい。
  パピーは、長くても5分くらいで良い。

4.失敗させないようにするのが大事(3か月以前のパピーには不要)

5.若いうちに落ち着いていられることを覚えてしまってから SIT や DOWN を教えたほうが楽。


後書き
このように文章で伝えると、解釈の違いなどもあってなかなか正確に伝わりません。
ぜひ、ちゃんとしたセミナーを受けて、正しく理解していただきたいと思います。

| | コメント (2)

2013年1月22日 (火)

平日クラブミーティング

BBDC(バウンドバウ・ディスクドッグクラブ)の初めての平日ミーティングでした。
以前は、30ミニッツという名前で平日もセミナーを開いていましたが、
土日仕事で出られないクラブ員もいるため、実験的に始めてみました。



が、しかし、・・・本日は雪の予報。
朝、雨が降っていて、結局中止に。
が、しかし、・・・晴れてきました。
そして、風の無い絶好のディスク日和に。


結局、クラブミーティングは中止になったけど、集まった人たちで、
合トレ(集まって行う練習会)になりました。
各自、自由に練習したり、ミニディスタンス大会をやったり、
お茶を飲みながらディスクドッグ談義をしたりしました。



本日、ギャンブーがディスタンス(JDDNルール)で19.5ポイントをとりました。
キャッチの上手く、ジャンプの確実なギャンブーなので、
確実に最高ポイントの22.5ポイントを取れるようになりたいと思います。
ちょっと可能性が見えた、ディスタンスでした。

みんなゆっくり犬と向き合うことが出来て、良い時間になったと思います。


平日クラブミーティング、これからも続けていくかは未定ですけど、
皆さんの意見を聞いて、開催を検討していきたいと思います。

| | コメント (0)

2013年1月21日 (月)

ナゴヤドームディスクショーオーディション2日目

1日目に引き続き、オーディション2日目は、風が強いなかのゲームになり、
2日目は、他県からの参加がほとんどでした。

2日目にベーシックポイントをクリアしたした上位4チームが、
ナゴヤドームの切符を手に入れました。

夜に行われた、ビデオオーディションも含めて、全14チームが決定しました。

決定したメンバーは次のとおりです。


1.二見貴士&ルシータ(3)

2.二見亜紀子&スピカ(初)

3.小西&ライカ(2)

4.松浦&ミッシー(初)

5.岡田&ティンク(2)

6.矢口&パルサー(初)

7.木村伸吾&ケイレブ(初)

8.木村康子&プリーマ(3)

9.宇佐見トシ枝&コニス(2)

10.須貝&リン(2)

11.清水慶洋&ニキ(初)

12.清水千春&ジップ(2)

13.佐藤&りゅう(初)

14.村田&シェイク(初)

 ( )内の数字は出場回数。同一プレーヤーの他の犬との参加は含まれず。



スペシャルゲスト参加交渉中。

オーディションを通過したメンバーのうち、10人がUSDDN世界選手権の経験者で、
ハイレベルな戦いになりました。

今回残念ながら、オーディションを通過できなかったチームの皆さん、
次回はぜひ夢舞台に一緒に立ちましょう。

今回のオーディションでは、普段のゲームでは、あまりご一緒することの出来ないチームの
参加も在り、勇気をだしての参加に感謝します。


ナゴヤドーム・ダンシングディスクドッグ・エキジビション・オーディション終了
取り急ぎ、結果報告をさせていただきました。

Nagoya2
2011参加メンバー

| | コメント (0)

2013年1月19日 (土)

ナゴヤドームディスクショーオーディション1日目

来月の2日~3日行われる、ナゴヤドームワンにゃんドーム2013
『ダンシング・ディスクドッグ・エキシビジョン2013』のオーディションが行われました。

今日と明日の二日間行われるオーディション、まずは5チームが確定しました。
クオリファイチームは明日のオーディションと、ビデオオーディションの審査を終えて、
あらためて、発表します。


2111,2012年に続いて3回目のナゴヤドームになります。
今年から、私ヒロ@管理人のしきりで行われることになりました。
なんせ日本最大級のドッグイベントなので、ディスクドッグの素晴らしさを見せられれば、
と思ってます。

今年から、オーディションを行い広くチャンスを提供することによって、
新しい可能性を持ったチームの発掘と、ビッグイベントでのショーの素晴らしさを
多くのチームに経験してもらいたいと考えてます。

参加枠は最大15チームと狭き門ですが、参加のチームの皆さんはベストな演技で、
おもいっきりチャレンジしてください。

憧れのナゴヤドームでお待ちしてます。

Nagoya1
2011 ヒロ&マトラ

| | コメント (0)

2013年1月17日 (木)

まさかのサドンデス

先日の、BBDC定例ゲームにギャンブーでディスタンスに参加。
2ラウンド終って、3位同ポイントだった、メイとギャンブーが同点サドンデスは突入。


30秒のサドンデス、1回目同点。
再びサドンデスへ、2回目またまた同点。
3回目のサドンデスへ、またもや同点。

ここまで決着がつかないと、ギャンブーのドライブが心配。
気合を入れた4回目のサドンデス、最後のスローが最高点の4.5ポイントなら、
5回目のサドンデス。

私の投げた4.5ポイント狙いのスローは、わずかに届かずジャッジ3.5ポイントをコール。
長い長い、サドンデスに決着がつきました。



ディスタンスのトッププレーヤー同士の息の詰まるような、サドンデスを見ることがあります。
この時の緊張感、集中力はものすごく、見ているものを引き込んでいく迫力があります。


以前(たぶん2009年)ドグタウンカップ トスフェチ決勝ラウンドで
KIRISAWA&JETとMIYADAI&JJの、歴史に残るサドンデスを思い出します。

お互い決勝ラウンドは最高得点の22.5ポイントをマークしての一投勝負の
サドンデスになりました。
どちらのチームも全く引かずに、最高ポイントの4.5ポイントを連発。

5回目のサドンデスくらいから、会場が異様な空気につつまれ
どちらもこの先ミスが起こることがないような感じでした。

6回、7回、8回と続いて行きました。
一回ごとにさらに緊張感が増していきます。



そして、9回目のサドンデス。会場はシーンと静まり返っています。
ついに決着の一投を迎えました。
その決着は、ジャンプチャッチの4.5ポイントと、ランニングキャッチの4.0ポイントの、
0.5ポイントの差でした。そこまでパーフェクトで来た両チームが、
最後までミスをしないで決着のついたサドンデスでした。

終ってしまった安堵感。
会場の緊張が一気に解き放たれ、大きな歓声に包まれました。

これもディスクドッグの魅力だと、あらためて思いました。

| | コメント (2)

2013年1月15日 (火)

三連休犬三昧

犬三昧の三連休でした。


猿ヶ京温泉からかえると、朝からBBDC(バウンドバウ・ディスクドッグ・クラブ)の、
定例会ゲーム。
翌日13日、日曜日は、世界の名犬牧場スーパーディスクドッグショー。
昨日の祭日は、BBDCディスクドッグセミナー&愛犬撮影会。

真冬の3日間、ずーと外にいるなんて、ちょっと信じられないです。
そして昨日は、雪。
雪の降る中でも、セミナーは行われました。みなさん熱心ですね。


そして、今週末の土日はナゴヤドームのディスクドッグショーのオーディション。
その翌週の、26~27の土日は、イオンモール越谷での、インドア・ディスクドッグショー。
2月の最初の土日、2~3日は、いよいよナゴヤドームです。

どうしても、週末に集中するスケジュールになってしまいます。



「一ヶ月に土曜日、日曜日が6回くらいあればいいのにね」

先日イベントの打ち合わせのとき、こんな事をと言っていた方がいました。


「ほんとに、週末が足りないよね」

「一週間が5日だったらいいのに」

みんな、好き勝手な事を言っています。



休日何をやったらいいのか分からないサラリーマンも、いると聞いたことがあります。
定年退職後に、時間をもてあましてしまう話も聞いたことがあります。


一年中、楽しい予定が目白押しの週末になっていますが、
楽しいことで忙しいことは、もしかして幸せな事なのか?
きっと幸せに違いない・・・・・幸せです。



犬を飼って、こんな人生になるとは、想像もつきませんでした。
ディスクドッグを始めて、こんなに夢中になるとは思いませんでした。


人生を、”楽しいこと沢山”に変えてしまう、犬の持つパワーをあらためて感じています。

| | コメント (3)

2013年1月12日 (土)

マトラがくれたサプライズ

昨日の猿ヶ京温泉にて、夜の宴会の席で素敵なサプライズがありました。

その前に、なぜ、猿ヶ京温泉に行っていたのかから説明します。
私が所属する『プロジェクトK』という、クリエイティブ集団があります。
デザイナー、イラストレーター、ライター、アートディレクター、カメラマン、建築家など
フリーでやっているクリエーター15名からなる集団です。
いろいろ協力し合って仕事をしている仲間でもあります。


その、プロジェクトKの新年会で猿ヶ京温泉に行っていました。
そしてそのサプライズとは、プロジェクトKの女性クリエータが集まる
"女子部”というものがあり、女子部が選ぶ2012年いい男(見た目ではありません)
『河村芳子賞』を、私が受賞しました。

受賞理由は、仕事の内容もあるのでしょうが、
それよりも”ぶらり途中下車の旅”のテレビ出演で、(当ブログ7/24)
若いプレーヤーをメイン出演させ、私がでしゃばらないでサポートに回っていた、
その奥ゆかしさが心に響いたそうです。



そもそもそのテレビ出演は、ぐぐっとぐんまという観光情報誌(当ブログ6/5)に
マトラがUSDDN世界選手権でフェイバレットエンターテナーを、受賞したことを、
記事にしてもらったのを、テレビ局のプロデューサーが見て
ぶらりと中下車の旅に出演になったわけです。

そして、そのテレビ番組が受賞のきっかけになったのです。


もっとサプライズだったのが、受賞の記念品です。

マトラが2011年USDDNで戦ったときの、こん身のシングルハンドドッグチャッチの
イラストをいただきました。ヒロ&マトラの決めのポーズです。
作者はイラストレーターのイイヅカユウコ女史。
私は彼女のイラストが大好きで、何よりの嬉しいサプライズな記念品です。
またマトラの新しい宝物が出来ました。


新年早々、とっても素敵な出来事でした。

女子会の皆さん、ありがとうございました。

Photo
↑賞状とイラスト
 ヒロ&マトラの決めのポーズ、迷彩もいいでしょ

| | コメント (0)

2013年1月11日 (金)

温泉に行ってきます

温泉には興味が無かった私が、年のせいか、はたまた温泉ライターの友人のせいか、
ちょっと温泉好きになりました。

もともと一年中シャワーで済まして、お風呂に入るのが面倒くさいと思っていた私が、
温泉ライターの小暮淳という人物と一緒に温泉に行くようになりました。(仕事です)

正しい温泉の知識や、湯の歴史、湯治という治療法、など聞きながら温泉地を訪ねると、
なんか、ワクワクした期待感みたいなものがわいてきます。
湯に入っても、数百年湧き続ける源泉のありがたさと、
数え切れない数の人が癒されてきた湯のパワーを感じます。



今回訪れるのは、猿ヶ京温泉の『猿ヶ京ホテル』
昭和33年、ダム建設のため、赤谷湖に沈んだ旧四件のうちの桑原館が、
赤谷湖畔の高台に移転して開いたホテルです。(ちょっと知識もついてきました)

ここに泊まるのも2回目になります。
部屋から赤谷湖を眺めたいると、湖の底で今も湧き続けているであろう元源泉や、
その場所を離れ、この場所に歴史が続いていることの、時の流れを感じます。



自分が大好きで楽しいことを、つい話してしまうことは良くあります。
それが本物であれば、その面白さや、楽しさが必ず伝わると思います。

友人の温泉ライターは、情熱を注いでいる大好きな温泉のことを、話し続けています。
そしてそれが、本の出版、ラジオ、テレビの出演、講演会など
さまざまな活躍の大元になっているのだと感じています。


私も大好きなディスクドッグの面白さを、話をし続けてます。
素晴らしい場所でのディスクドッグショーや、テレビ出演、
出版物へのディスクドッグの写真提供、大会やイベントの開催、
ディスクドッグクラブの運営、トークセッション、アメリカUSDDN世界選手権
などなどいろいろな事がおこってます。


まずは、好きでやっていることを、大大・・・大好きになる。
そして、情熱をかけて、他のことが気にならなくなるくらい没頭してみる。
ついに、その面白さを人に話したときに、想像を超えたドラマのスタートになると思ってます。


それでは、温泉に行ってきます。

Photo
↑犬用露天風呂

| | コメント (2)

2013年1月 9日 (水)

ナゴヤドーム ワンにゃんドーム2013ディスクドッグオーディションinぐんま

『ワンにゃんドーム2013』
が、2月1日(土)~2日(日)、ナゴヤドームにて今年も開催されます。
年に一度、ナゴヤドームで、ペットのビッグイベントで、たくさんのショップのブースや、
色々なイベントが行われます。
一日2万人以上の観客が集まります。


そんな中、2011年、2012年とダンシングディスクドッグという名前で、
ディスクドッグのゲームを行ってきました。

お祭り的なディスクドッグショーのような楽しいゲームです。
なんせ、ナゴヤドームの大観衆の前でのゲームですので、
華やかで、エキサイティングです。

今年も、この『ワンにゃんドーム2013』にてディスクドッグゲームを行うことになりました。
昨年までの企画、運営をしてきたドグタウンファクトリーの平井氏より、
私、酒井が引き継いでの開催になります。

プレッシャーもありますが、より良いイベントになるように努力していきますので、
よろしくお願いします。


つきましては、下記の日程にて出場チームのオーディションを行います。
公開オーディションなので参加資格は特にありませんので、ふるってご参加下さい。



            記

日時:1月19日(土)&20日(日)10:00~サインナップ

場所:BBフィールド(群馬県前橋市)

参加費:3000円

ルール:ジャッジ1人10点満点の総合評価で採点(昨年のナゴヤドームと同じ)

2分間フリースタイルを2ラウンド行い点数の高いほうを得点とする

皆様の参加をお待ちしています。

*上位入賞者には、ナゴヤでの本大会への参加資格が与えられます。
*ナゴヤへは行かないけど、大会には出てみたいという方も大歓迎です。

【ビデオオーデション】
当日、オーデションに参加出来ない方は、1/20までに下記へDVDをお送り下さい
(DVDは返却できません)
エントリー費:3000円

371-0105
群馬県前橋市富士見町石井2445-244
スタジオ☆タバサ 酒井

Img_6707

| | コメント (0)

2013年1月 8日 (火)

あなたにとってディスクドッグとは?

先日のディスクドッグセミナーの、打ち上げの焼肉やでのことです。


セミナーを主宰すろH氏より、

質問1「みんなは、ディスクドッグをやってて何が楽しいですか?」

質問2「あなたにとってディスクドッグとは何ですか?」

ということを聞かれました。

「うnnnん・・・・・」

しばらくの沈黙の後、一人ずつ答えを言っていきました。


答え(質問1)
○情熱を持って取り組めることがあることの幸福。
○自分が頑張ると犬が答えてくれて、犬が頑張っていると自分も頑張れること。
○犬とのコミュニケーションがより深くなること。
○本気で頑張っている仲間が出来ること。
○ゲームで結果の出たときの達成感。
○犬をより深く知ることが出来ること。

答え(質問2)
○犬と最高に楽しめる手段。
○自分と犬を表現する手段。
○自分の居場所。
○生きがい。
○自分の人生そのもの。
○究極で最高の趣味。
○人生を前向きに明るく楽しくしてくれるもの。
○いつも、チャレンジできる自分でいられるもの。


などなど、出てきました。


この日のセミナーは15人以上集まりましたが、神奈川や東京、埼玉、地元群馬はもとより、
四国、愛知、滋賀、からの参加もありました。
そして、その参加者の2/3以上の人が、USDDN世界選手権の経験者でした。
熱心なプレーヤーが集まっていたので、このような答えになったと思います。

集まったプレーヤーの年齢も、20歳から50歳代まで幅広く、
どの世代の人も楽しめ、本気になれるスポーツという事を実感しました。


そして、犬を飼ってなくて、ディスクドッグに出会ってなかったら、
今頃は何をしていたのでしょうか、という話になりました。


「想像できませんね」

「考えたこともありませんでした」

「休日は、パチンコと酒飲みで終ってしまうのではないかな」

「何か他に真剣になれることをさがしているのかな?」


情熱と時間のほとんどをディスクドッグにかけている、熱いプレーヤーの集まる、
濃~い時間でした。
私もその一人として、この仲にいられることを幸せに思うとともに、誇りに感じています。



あなたにとって「○○○」とは?
今あなたが、一生懸命やっていることを当てはめてみてください。



「あなたにとって、ディスクドッグとは?」

| | コメント (0)

2013年1月 7日 (月)

街で出合った名車シーリーズ①

昔、街で見かけた名車たちを、『街で出合った名車シリーズ』として、
写真を撮らせてもらって、できればオーナーにお話しを聞いて、
アルバムにスクラップしていたことがあります。


今回突然、衝撃の名車に出会って、そのことを思い出しました。

その名車」とは、
『アルファロメオ・ジュニアザガート』
数あるアルファロメオの中でも、かなりレア度の高いものです。

1

1969年に発表され、1970年から販売されたと記憶しています。
1300ccでスタートして、1972年に1600ccになりました。
両方あわせて1500台位の製造だったと思います。

性能や詳しい仕様はここでは書きませが、
この車の魅力は、なんといってもザガートによるボディーデザインにつきるでしょう。
イタリア車好きにとっては、ザガートの名前は心が抑揚する魔法のような存在です。
ボディーに輝くエンブレムの ”Z” を見ると興奮をともなうワクワク感があります。

このジュニアザガートは、私の大好きな”アルファロメオTZ”のボディーワークを手がけた、
当時のザガートのチーフであった、エルコーレ・スパーダの作品と記憶しています。
                   (記憶で書いていますので違っていたらスイマセン)




街で名車に出会うたびに、自動車という工業製品は不思議な力を持っている物だと
感じています。
この日、偶然このジュニアザガートに出会って、心がときめき、
その場所に(博物館や、クラッシクカーのイベントではない)、その車が、
存在していることに感動しました。
それは、まるで一期一会のようでした。

2

| | コメント (0)

2013年1月 5日 (土)

テレビの収録

3日のランブルシリーズ♯1にテレビの収録が入りました。

場所はおなじみのBBフィールド。ぶらり途中下車の旅についで2回目です。

とはいっても、大会の取材ではなく、2012年USDDNディスクドッグワールドチャンピオンの
二見貴士&ルシータの撮影でした。

埼玉県在住のワールドチャンピオンが地元のテレビ埼玉に出演です。
酷寒、爆風の中の最悪の条件での撮影です。
大会の様子や、インタビュー、など半日かけて行いました。
さすがのワールドチャンピオン、爆風の中、見せ場の連続の大技を、
しっかり決めきっていました。



ディスクドッグをやっているので、テレビの収録に立ち会うことは時々ありますが、
いつも非日常で面白いです。
テレビカメラを向けられた瞬間、人が変わったようなおかしな態度になったり、
ことば使いが変になったり、目が泳いだり、色々です。
今回の収録もどんな番組になるのか楽しみです。

Y、HIRAI氏の『ソロモン流』や、S、UENO氏の『NHKニュース』、
去年の私達の『ぶらり途中下車の旅』のときのように、
大好きなディスクドッグの魅力がしっかり伝わると嬉しいです。



放送は、1月17日(木)、午後9時30分のニュース番組です。
予定が変更になった場合おってお知らせします。
埼玉県の方はぜひ見てみてください。

| | コメント (2)

2013年1月 4日 (金)

ギャンブー ランブルシリーズ♯1に参加

今年になって初めてのJDDNゲーム、
ランブルシリーズ♯1に出場してきました。
ギャンブーにとっては、昨年11月末のJOTTに次いで、
2回目のフルラウンド(3ラウンド)のゲームになります。

少しづつではありますが、ドライブが上がってきているギャンブーですが、
とにかくゲームに出てみないと何も進歩しませんので、不安の中エントリーしてみました。


結果は、全ラウンド集中力が切れることなくやりきることが出来ました。
とくに1ラウンドフリースタイルは、暴風の中キャッチはあまり良くなかったものの、
ギャンブーの気力、集中力とも、今までで一番良いものでした。
2ラウンドのトス&フェチでも良い走りをしていて、追い風のディスクに対応していました。
3ラウンド最後のフリースタイルは、ちょと疲れが出ましたが、集中力はまずまずでした。

これで、ギャンブーも3ラウンドをやりきる気力体力がついてきて、
いよいよゲームにフル参戦できるめどがたちました。
ルーティーンはまだまだこれから作りこんでいかなくてはならないし、
技のバリエーションも増やしていかなくてはなりません。




昨日のゲームの後の食事のとき、須貝&リンチームの方と同席でした。
リンという犬が集中力が続かずウロウロしていた頃から知っています。
そこから、3年かけて一歩ずつ犬を作り、一歩ずつ技術を習得して、
ついにトッププレーヤーの仲間入りを果たしています。
聞いてみました。


「どうしてあきらめないでやってこられたのですか?」

答「とにかく続けることをを決めてやってきただけです」


「あきらめたり、やめようと思ったことは無いのですか?」

答「無いです!(キッパリ)。信頼できるコーチと応援してくれる仲間がいましたから」


こんな会話をしていて、今のギャンブーのことを思いました。
一歩ずつ犬を作り、技術を習得して着実に上を狙っていけるチームになりたいと思います。
そして、私とギャンブーのことを、信頼できる仲間が応援してくれてます。
あらためてギャンブーのことをしっかり育てていこうと思った、新年1月3日でした。

| | コメント (0)

2013年1月 2日 (水)

一月二日 リコールトレーニング

今日も、爆風の中ディスクトレーニング。

昨日バルカの脱走について Y、H、氏にアドバイスをもらった、リコールトレーニング、
新しいやり方を教わったので、さっそくやってみる。

良い感じです。


結局ディスクドッグにおいて、近道は無くしっかりと基本を徹底してやり続けることです。
手抜きをしたぶん、必ず後で付けが回ってくるという事ですね。



去年の春のY、H、氏のベガを良く覚えてます。
一発チャッチするとウロウロしていましたが、その後まったくそんなそぶりは見せません。
そんなことがあったことも信じられません。
それが、徹底したリコールトレーニングで完璧に改善されました。
その時ベガの年齢は1才をを超えていました。



「リコールトレーニング、仔犬のときウチもやったよ」

「リコールトレーニング知ってるよ」

など、言ってしまいがちです。
気が付けば私も、7ヶ月のバルカにだんだんやらなくなっていっていました。


ディスクドッグにすることを意識するがあまり、やるべき大切なトレーニングを怠っては、
ただのディスクドッグジャンキーな人になってしまいます。

そういえば、ギャンブーにもしばらくやってないな。
タグトレもあまりやってないし・・・
ギャンブーの気持ちを作っていくときに、徹底してやったことなのに・・・。



正月早々、良いスタートのトレーニングになりました。

| | コメント (2)

2013年1月 1日 (火)

元旦

新年あけましておめでとうございます。


このブログを始めて7ヶ月がたちました。
何とか続いています。
今年も犬のこと、他いろいろ思ったことを書いていきたいと思います。


私の新年は、普通の休日とあまり変わらず、いつもよりちょっと朝寝坊して、
犬とトレーニングして過ごしてます。

しいて正月らしいことは、実家に年始の挨拶に行くのと、初詣と、
地元で開催されるニューイヤー駅伝を見に行くぐらいです。


結局、ディスク納めが12月31日で、ディスク初めが1月1日になりました。
これで1月3日にディスクドッグゲーム、ランブルシリーズの第一戦が始まります。
そして、長い1年がスタートします。

新年にあらためて目標を立てたりしませんが、
また今年も犬三昧の生活になることは、間違えありません。
ギャンブーのディスクドッグとして、フルでのゲーム参戦が始まります。
バルカもゲームデビューが待ってます。
今年も『犬のいる生活』を、楽しんでいきます。

今年もヨロシクお願いします。

231

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »