« 大会に向けて | トップページ | 小暮淳 新刊 『みなかみ18湯』 まもなく発売 »

2012年9月 5日 (水)

ジャッジペーパーを読む

宮ケ瀬BowWowドッグスポーツフェスティバルのビデオを見て、
次への目標に向けて、スタートしている頃と思います。


ジャッジペーパーは見てみましたか?

JDDNのゲームでは、ゲーム終了後に、全項目(16項目)のポイントが出ている、
ジャッジペーパーがもらえます。
2Rトス&フェチについても、すべてのスローと点数がでてます。
そしてさらに、参加した全チームの全項目すべてのポイントのリザルトももらえます。


数年前より、全チーム全項目の点数、及び合計点数での順位を公開しています。
ミステリアスな部分をなくす、という事も目的ですが、
もう一つ、大きな目的があります。

それは、トップチームや、他のチームとの、項目別に細かく点数の比較が、
出来るということです。


全チームの項目ごとのリザルトが公表される前、
私はゲームの後、いつもやっていることがありました。
それは、トップチームや、他のチームのジャッジペパーを見せてもらうことでした。
そして、何の項目でどんな点数をもらっているのか、
自分のチームとの差などを、分析してました。



タイトルの
『ジャッジペーパーを読む』
の話をします。


ほとんどのプレーヤーはゲーム終了後、ジャッジペーパーを見ていると思います。
では、『ジャッジペーパーを読む』とは何なんでしょう。


実は、ジャッジペーパーには、あなたのチームへのメッセージが込められていのです。
そのメッセージを理解することが、『ジャッジペーパーを読む』ということです。
(ジャッジについては当ブログ6/13”ジャッジの目で”書いてますので参考にしてください。)


項目ごとの点数が付いていますが、その中で極端に高いものや、低いものはありますか?
極端でないにしろ、その高低が、メッセージです。
高い項目は何が良かったのか、低い項目は何がダメだったのか、分析してみてください。

全体的に低い場合などありますが、
その場合、まだフリースタイルとして完成していないという事です。
ヘタとか、ダメという事ではなく、ディスクドッグというものを理解していない場合が多いです。
犬のドライブの作り方、コマンドの出し方、トス&スローの技術、色々なチームを見る
など一つひとつやっていくことです。

トップチームのジャッジペーパーを見ると、どの項目も全体に高いのはもちろんですが、
そのなかでも、満点に近い点数を、たたき出している項目があります。
それは、チームごとに違っています。
その違いこそが、チームの個性であり、チームの戦略になっているのです。



ゲームでは、ジャッジペーパーに書かれている点数こそが、
今の自分のチームそのものなのです。
低いからといって落ち込むことはありませし、高いからといって有頂天にならないで、
しっかり受け止めて、次に向かって進んでいってください。

|

« 大会に向けて | トップページ | 小暮淳 新刊 『みなかみ18湯』 まもなく発売 »

コメント

はっきり言ってジャッジペーパーの内容が全然判りません。

どういうプレイをしたら、そしてそのプレイをどのように繋げたらポイントに

どういうふうに加算されるのか?  どういうルーチンが流れ的には良いのか。

教えてもらえると助かります。トッププレイヤー、どのように、何処に重点をおいてルーチンを組み立てるのでしょうか?

投稿: BO-merry | 2012年9月 7日 (金) 20時42分

BO-merryさん
ジャッジシステムを覚えることをおすすめします。
機会があれば、ジャッジの内容についてのセミナーをやれればいいですね。
もちろん個人的に聞いてもらってもかまいませんよ。
そのときは、ジャッジペーパーをもってきてください。
次へのステップに必要な事ですね。

投稿: hiro@管理人 | 2012年9月 7日 (金) 22時38分

有難うございました。

宜しくお願いします

投稿: BO-merry | 2012年9月 8日 (土) 06時41分

僕も同じ悩みを持っています。

うーむ。とほほ。

投稿: Spinach | 2012年9月 8日 (土) 11時07分

Spinach さん
こまかいジャッジシステムを理解すると、
もっともっとフリースタイルが面白くなってきますよ。
ほかのチームのプレーを見ても、
いろいろ意図するところが見えてきて楽しいです。

分からないことがあれば、ドンドン聞いてください。

投稿: Hiro@管理人 | 2012年9月 8日 (土) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大会に向けて | トップページ | 小暮淳 新刊 『みなかみ18湯』 まもなく発売 »