« 情熱の作文 | トップページ | 伝説のディスクドッグ その1 BEE(ボーダーコリー) »

2012年6月20日 (水)

ドーベルマンの飼い主に有罪判決

私達犬を飼うものにとっては、衝撃的なニュースが流れました。


『ドーベルマンの飼い主に実刑判決。重過失障害で、懲役8ヶ月、執行猶予3年。』

数ヶ月前に、

公園でドーベルマンを放してたら、通りかかった大学生の、足に噛み付いて、
全治2週間の怪我を負わせてしまった。

という、ニュースが流れたのをおぼえています。


このようなトラブルがおきた場合、たいていの場合、示談で解決することが多かったはずです。
まれに、示談金の金額が折り合わず、民事訴訟になる場合がありましたが。


では、なぜ今回は、刑事事件にまで、なってしまったのでしょう。
それも、ただの過失傷害ではなく、より罪の重い重過失障害に。


このことに関しては、法律の専門家ではないし、
ましてや、詳しい経緯が分からないので、コメントはできませんが,
少なくとも、両者の間には感情的なトラブルがあったことは想像が付きます。

そして、重過失障害の実刑判決には、正直おどろいてます。


何年か前、ピットブルが子供を襲い、大怪我をさせたニュースも良くおぼえてます。
確かこの時は、執行猶予が付かない実刑判決だったように記憶してます。


そんなニュースを見ていて、ふと、思いました。

噛んだ犬が、ドーベルマンやピットブルだったため、報道も極端で、
『ドーベルマンやピットブルだから人に噛み付いた』
みたいに、とり上げられてました。


今回おこった事は、どんな犬を飼っている人にも、おこる可能性があります。
犬を飼う責任を、あらためて考えさせられるニュースでした。

|

« 情熱の作文 | トップページ | 伝説のディスクドッグ その1 BEE(ボーダーコリー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 情熱の作文 | トップページ | 伝説のディスクドッグ その1 BEE(ボーダーコリー) »