« 名犬牧場ディスクショー | トップページ | 酒井寛写真展のお知らせ »

2007年10月22日 (月)

犬の記憶

前に書いた「犬と遊ぶ家」に行ってきました。
ここは、アデルの実家で、犬と遊ぶために作った家で、斜面ではありますが、犬が充分に走れるスペースがあります。

イベント続きでお疲れのタバサを除いて、3頭を遊ばせてきました。
ケイトは、大喜びでフリスビーを追いかけます。
ラスタは、どこへ行っても日向ぼっこです(笑)
アデルは、草刈りです(汗)

普段だったら、他の家の犬がいるので、走らないんだったら繋いじゃおうって事ですぐにリードで繋ぐのですが、今日はウチの犬だけだし、もうアデルも7歳なので、少しゆるくしたので、自由にさせておきました。
すると、充分に草を食べて満足したのか(笑)、ヒロとフリスビーを始めました。
それも、飽きることなくずっとしてました。
また、ここへ来て新しい発見。やっぱりアデルもフリスビー、好きなんだね。当たり前だけど。

そこへ、アデルの母親の飼い主の方が、「お茶が入りましたよ~」と声を掛けてくださいました。
すると、アデルは、ビューンとその方のところに行きました。
アデルは、そんな風に他人のところには行かない子なのに(除デニママ=パンをくれる人・笑)

やっぱり、生まれてから面倒を見てくれた人のことは忘れないのかな~?
そう言えば、ケイトも実家のノア家には、しっぽブンブン振りますからね~。
ま、ケイトは東京合宿で、よっぽど良い目をみたのかもしれませんが。

タバサは・・・誰でも大好きなので、わかりません(笑)

|

« 名犬牧場ディスクショー | トップページ | 酒井寛写真展のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名犬牧場ディスクショー | トップページ | 酒井寛写真展のお知らせ »