2020年9月24日 (木)

ドグタウンカップスが終わり日常が戻ってきました

9月18日(金)~20日(日)

「ドグタウンカップス2020」が行われました。


年に一回のディスクドッグの祭典が終わり、余韻がまだ続いています。

コロナ渦アイソレイテッドスタイルで行われた2020は、特別なものになりました。


詳しいいリポートは後ほど書きます。


いつもの年であればドグタウンカップスが終了すると10月のUSDDNワールドファイナル(世界選手権)に向けて動き出す時期。

USDDNワールドファイナル中止ということで、よりドグタウンカップスへの思いが強くなった2020年です。





2002年に始まったドグタウンカップ。

昭和村総合グランド⇒沼田⇒前橋田口緑地公園⇒前橋公園⇒大胡グリーンフラワー牧場、と場所を変え行われてきました。

第1回(2002年)第2回(2003年)の昭和村で開催されたドグタウンカップは、強烈な印象で記憶に残っています。

第3回は大きな地震があり幹線道路の通行止めが相次ぎ、遠征組が帰宅困難になったのを思い出します。


私は、アデル(エアデールテリア)⇒マトラ(エアデールテリア)⇒ギャンブー(MIX)⇒SONY(ウイペット)
と、参加してきました。



ドグタウン工房のお膝元の群馬県昭和村。

16年ぶりに昭和村に帰ってきた今年のドグタウンカップス。


私自身は、2003年初めて参加したドグタウンカップ。

その時のことが甦ってきます。



長い長いドグタウンカップの歴史の中で、今年2020年は特別なドグタウンカップになりました。

私たちプレーヤーに常に最高のステージを用意して行われてきたドグタウンカップ。

コロナ渦であっても、その最高のステージは何も変わることはありませんでした。



今は・・・・・ドグタウンカップスが終わってしまった寂しさとともに、来シーズンのスタートの時を迎えています。


やっぱりドグタウンカップスは特別ですね。

80928
2008年のアデル
この年から前橋での開催になりました








| | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

ニューマシーン投入

ニューマーシンといっても今回は私用。

私の運動不足解消と、健康管理が目的のです。

なんてことはない、ランニングマシンを買いました。




長い人生の中で健康器具を買うなんてことはありませんでした。


還暦を過ぎたので

「体力落ちたな~」

と感じるのは当たり前のことですが・・・・・




まだまだドッグスポーツ現役続行。

そんなこんな考え購入。


「3日も使えば飽きてしまうかな?」

「続くわけない!」

と自分でも思っています・・・・・が・・・・・始めてみます。




「犬がいるのなら犬と散歩に行けばいいのに」

という声も聞こえそうですが・・・・・

暑い、寒い、など超面倒な性格のため実行できずにいます。




到着したマシーン。

段ボールに入ったまま日にちがたつとそのままになってしまいそうなので、意を決してすぐに組み立てて使用してみました。



特に感情なし・・・・

特に楽しくはなく・・・・

盛り上がりなし。

そのほうが続くかもしれませんね。


犬たちのためなら少しは頑張れるかも?



自分らしくない行動にちょっと照れてるHIROでした。

119643749_753273438859635_87349846063757


| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

甦るギャンブー

ギャンブーは私のディスクドッグのパートナーだった犬です。

スタッフォードシャーブルテリアとオーストラリアンシェパードのMIXです。

アメリカからやってきました。


2015年USDDNワールドファイナルに出場。

K9ダンシングの初代パートナーでもあります。

テレビにでたり、デモ犬としても活躍したり・・・・と思い出いっぱいのギャンブーです。

そういえばトス&フェチで初めて22.5ポイントを取ったのもギャンブーだったな。




ギャンブーが私のもとにやってきた感動のドラマは以前このブログでも書きましたので今回はパスしますね。



強烈な存在感のギャンブー。

8歳というちょっと短い生涯でした。




そして・・・・・

3年たってギャンブーが甦りました。


新たに制作したバウンドバウのステッカー。


長年一緒に仕事をしてきたデザイナーのイメージで作ってもらいました。

彼の中で私のディスクドッグのイメージはギャンブーなのですね。

彼デザインのBBフィールドの看板もギャンブーです。




現バウンドバウメンバーの方はギャンブーの存在を知らない方がほとんどだと思います。

時がたっていますね。


「ギャンブーとともに・・・・・」

なんて、そんな大げさなものではなく、カッコイイステッカーができたのであちこちに貼ってみますかね。


欲しい方は連絡してね。

118867181_2404125569888428_4387376270456

118959627_2404125596555092_2274922670720
ディスクに貼れるサイズです






| | コメント (0)

2020年9月11日 (金)

ナイトトレーニング涼しくなりました

バウンドバウで毎週木曜日の夜行っているナイトトレーニング。

今日9月10日。

9月になり少し涼しくなってきました。

トレーニングがやりやすくなりました。



水曜日の平日トレーニングDAYと違うメンバーが集まってます。

バウンドバウメンバーの多様化。

嬉しいです。


それぞれ自分の時間でトレーニングを楽しむ。

そのバックアップ体制をより充実させていければと思います。


自主練(個人練習)は大切ですが、集めってトレーニングすることによって得られるものもたくさんあります。

ほかのチームの成長や頑張りを見てモチベーションが上がったり、思いもかけないヒントがあったり・・・・


そして何より楽しいい時間です。


ナイトトレーニングはPM6:00からスタートして、8:30くらいには終了します。

短時間で一気に行うスタイルです。

この集中した短い時間がいいのです。


またナイターという特殊な環境も犬にとって良い経験になっています。


現在フルで照明をセットすると、トス&フェチが行えるほどコートが明かるくなります。

ナイターゲームも良いかも?



目標は常設のナイター照明。

スイッチ一つで証明点灯。

即トレーニング開始。

なんていうのが理想ですね。


去年の5月から続けてきたナイタートレーニング。

夜にトレーニングができるのだろうか?

メンバーが集まるのだろうか?

そんなスタートでした。

寒い冬を超え、春になり、夏を超えようとしています。


少しずつ成長してきました。

そして定着しました。

今では、バウンドバウのトレーニングの大きな柱になっています。


これからの時期、気持ち良いナイタートレーニング。

ぜひ出かけてくださいね。

119096158_346919946579251_12511768623364







| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

大盛況MONAカイロ&KOUSUKEクリニック

たくさんのバウンドバウメンバーが集まりました。


恒例のMONAのカイロプラクティック。

サプライズでKOUSUKクリニックも同時開催。


MONAのカイロプラクティックは14頭。

KOUSUKEクリニック時は11頭。


AM10:00スタート。

カイロプラクティックの施術とクリニックが終わったのはPM3:00。


MONAさん、KOUSUKEさん1日お疲れさまでした。

あわただしい1日になりましたね。

ありがとうございました。



BBメンバーのためにBBフィールドで行われているMONAのカイロプラクティック。

毎回好評で限定10組のはずが今回も14組のなりました。

緊急決定したKOUSUKEのクリニックも11組。


さらにサプライズ!

KOUSUKEのスローイングレッスンも行われました。




我が家もSONY、ガッシュ、HIMEが参加しました。

先日おこったSONYの筋肉疲労も問題なし。

ガッシュ、HIMEも問題なしでした。

おかげさまで、よい状態を維持しています。



参加したBBメンバーにとって、なんとも贅沢で有意義な1日になりました。


平日の昼間に参加できないメンバーもたくさんいますので、ナイターでの開催も考えてみる価値がありますね。


カイロプラクティック&クリニック参加、全25頭。



あらためて犬のケアの重要性を感じました。

いつも、より良いパフォーマンスができるために、バックアップしてもらっています。

長期的に、ケガのリスクを減らし、犬の体の状態へのアドバイスもいただけます。



バウンドバウにとって大切な1日が終わりました。


ドグタウンカップに向けてGO!


ありがとうございました。

118836885_2404584459842539_5197199432618

119053875_2760931197469782_1398804074974
サプライズ!スローイングレッスンもありました












| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

9日(水)MONAカイロ開催 そして緊急決定サプライズあり!

毎回好評のMONAカイロ。

バウンドバウでも定期的に行っています。

バウンドバウメンバーにもファンがたくさんいます。


9月9日(水)AM10:00より行います。

予約制です。

空きがあれば当日受付も行います。




獣医師でアニマルカイロプラクターのDr平井モナミさん。


ディスクドッグでは2回のワールドチャンピオンを達成。

アジアチャンピオン、ドグタウンカップチャンピオン他ビッグタイトル多数。

DTFC(ドグタウンフライボールクラブ)トレーニングキャプテン

犬ぞりのマッシャーとしても活躍。



愛犬のケアについてのバックアップ体制。

私たちが安心してドッグスポーツを楽しむために必要なことです。

私の犬たちもMONAのカイロプラクティックを受けています。



ベストなパフォーマンスを維持するためには日ごろの栄養管理をはじめ、トレーニング方法、ストレッチ、ウォーミングアップ、
クールダウン、疲労回復方法、など様々なケアが必要になってきます。

そんなドッグケアの『核』の部分を支えているのがカイロプラクティックです。


ケガをした時のケアとしても効果的ですが、ケガをしにくくするため、トラブルを未然に防ぐためというアクティブな健康管理として取り入れられたらなおさらGOODですね。

当然、犬のパフォーマンス向上という結果もついてきます。


今回、ドグタウンカップ前の良いタイミングで開催です。




と!このブログを書いている今・・・・・!

緊急決定!

同時開催決定!

平井皇介氏の個人クリニックが行えることになりました。

詳しくは後ほど発表します。


MONAカイロ&皇介クリニックのダブルパワー。

楽しみ倍増。


9月9日(水)BBフィールドです。

Mk








| | コメント (0)

2020年9月 6日 (日)

JETのディスクの進化の記録(今日ついにテーピングなしに!)

最終段階に入ったJETのディスクについては少し前のブログでお伝えしました。


今日のトレーニングで、ついにエッジに巻いたビニールテープ必要なくなりました。


最終ディスクはエッジをマジックで赤く塗ったもの。

一見するとテープを巻いたものと区別がつきません。

実際にスローをしてみると、テープを巻いたものか色を塗ったものなのか・・・・

私が見ても区別がつきません。

118882666_1222273401470616_4498726701609
右、ディスクに直接色を塗ったもの
中央、ビニールテープを巻いたもの
左、ラッピングテープを巻いたもの


新しいディスクをJETにスローをしてみました。

まったく問題なくキャッチ!

かえって軽いせいかディスクドライブも上がった感じです。




これで5か月の『ディスクドッグへの道』へのトレーニングは何とか形になりました。

プラスチックのディスクはおろか、布ディスクも追いかけないところからのスタートでした



以下は順番にやってきたトレーニングです。


〇ボールでチェイス(追いかける)ドライブを作り始めました。(まだ全くディスクには反応しません)

〇タグドライブを利用して布ディスクをつけたタグでリコールトレーニングで。(タグについた布ディスクをかんだら思いっきりほめる)

〇このタグも何種類か作りました。

〇しばらくして、タグについた布ディスクを狙ってかむようになりました。

〇布ディスクのローラーから空中キャッチ。(この時はうれしかった)

〇しばらく布ディスクでスローイングでの空中キャッチの練習。(この期間が長かった)

〇布ディスクでテイク、ディスクタグ。


〇18,5㎝(小さい)のディスクに布テープ(フライボールで犬の足に巻くもの)でラッピングしたものを作り、
 ローラーキャッチのトレーニング。

〇そして空中キャッチへ。

〇2重巻きのテープを1重に減らして行きました。


〇23.5㎝オリジナルディスク(冬用フレックス)を全面ラッピングしたものでローラー&スローキャッチ。

〇後はディスクを改良しトレーニングを続けました。

〇少しずつラッピングを少なくしディスクのボトムを出したもの。

〇エッジのみに巻いたものに進化。

〇エッジの巻き数を減らしていきました。(ここは慎重に)

〇エッジのみにビニールテープを巻いたものに進化。(これでほとんどオリジナルディスクと感触の違いはなくなりました)

〇そしてディスクのエッジに直接色を塗ったものに進化。(ついにテーピングなしに、やった~!)


と、ここまでJETの5か月間の進化の記録です。



23.5㎝のオリジナルディスクになってからは、ディスクの色は黄色にし、ラッピングやテーピングは赤と色を統一してきました。

JETが色を識別しているかは分かりませんが、進化するディスクの変化に極力違和感がないようにやってきました。



あれこれ考えてやってきた、あっという間の5か月。

楽しかったです。


これからはディスクドッグとして、私と遊ぶルールをもっと教えていきます。


長文になりました。

JETの『ディスクドッグへの道』はまだまだ続いていきます。

118985447_232554581507557_23202102768340
上のディスクはエッジに赤い線が1本だけに進化したもの
もう色は塗らなくってもいいでしょう





| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

トレーニングDAYいろいろ㏌BBフィールド

バウンドバウの定期トレーニングDAY。

火曜日
早朝フライボール(AM6:00~)

水曜日
平日トレーニング(AM10:00~)

木曜日
ナイトトレーニング(PM6:00~)


BBホリデーは毎月第2日曜日。


メンバーの皆さんは、自分の時間と日程を決めて参加しています。

平日の時間のが使える人。

仕事帰りのナイタートレーニング。

早起きで1日が有効の早朝トレーニング。


BBホリデーでトレーニング成果の発表。

月一回のバウンドバウのお祭り&発表会みたいな感じです。

BBホリデーではゲストトレーナーを招いて行っています。

これが好評!

ゲストトレーナーによるショートクリニック(個人レッスン)も行っています。



獣医師でアニマルカイロプラクター、ディスクドッグ世界チャンピオンのMONAさんによる、
アニマルカイロプラクティックもやってます。
(次回は9月9日です)

ワールドチャンピオンを招いてのドッグスポーツセミナーも開催しています。



今後の企画としては、

ナイターフライボールも定期的(月2回くらい)やっていく予定です(只今調整中)。

UPDOG、サイクルドッグも定期トレーニングとして行っていければと思います。

K9ダンシングについてはバウンドバウチームも増えていますので、近い将来『バウンドバウK9ダンシングトーナメント(仮称)』
が開催できればと考えています。



『BOB犬種別ディスクドッグトーナメント』
年2回(春と秋)に行っています。

こちらはバウンドバウの看板ゲームになっていますね。




と、いろいろ書いてきましたが、こちらはすべてBBフィールドで行われています。

楽しみいっぱいのBBフィールドですね。

早朝からナイターまでやってます。

どんどん出かけてくださいね。

Nfb
ナイターフライボールもやりましょう






| | コメント (0)

2020年8月31日 (月)

K9ダンシング プロモーションビデオ撮影

フライボールに続き、今度はK9ダンシングのプロモーションビデオ撮影。

場所はDTJカボッチャです。

照明演出をするため夜の撮影となりました。


LKC(ルツカK9フリースタイルクラブ)のメンバーが集まっての撮影。

なんと撮影はルツカ自らが行うというスペシャル。


29日と30日の2日間をかけて撮影しました。



照明に浮かぶ犬たちがドラマチックですね。

もうこの段階で素晴らしいいプロモーションビデオが出来ることを確信しました。



私もバルカと参加しました。

トリックごとに分けて撮影していきます。


バルカは、ヒールウォーク、パードゥン、スタンドウォーク、ワントゥー、オーバーオーバー、ハンガーの6トリックを撮影。


10分もかからないであっという間に終了。

バルカも頑張っていました。



カラーの照明にスポットライト。

バルカがスポットライトに照らし出され、輝いています。

テンションが上がります。


K9ダンシングのチャンピオンデモンストレーションはこんな中で行われているのですね。

これ、なかなか気持ちいいです。




LKCメンバーが集まって行ったプロモーションビデオ撮影。

それぞれのチームの個性が輝いていました。

ルツカが日本に撒いたK9 ダンシングの種が育っているのを感じました。


楽しいい時間でした。

118702782_792413461564711_89666446149643



| | コメント (0)

2020年8月29日 (土)

フライボール プロモーションビデオ撮影

FRP(フライボールレーシングパーティー)が設立され、代表のKOUSUKEを中心にフライボールのプロモーションがスタート。


本日プロモーションビデオ用の2回目の撮影を行いました。

すでに先週の金曜日に一回目の撮影が終了しています。

場所はインドアドッグトレーニングジム『カボッチャ』です。



前回は13頭。

本日は20頭を超えるフライボールドッグの撮影でした。

3台にビデオカメラで同時記録。(4台の時もあり)


良い映像を短時間でハンドラーと犬に負担がないように撮影する。

今回は撮影チームを構築して、進行を妨げないセッティングチェンジをスムースに無駄なく行うことを目標にしました。





今回はのプロモーションビデオはリアルさを重視して撮影し、過度なスピード演出や不自然な迫力演出などはやっていません。

リアルのスピードで十分魅せられる犬たちが集まっています。




Go-Puroなどのアクションカメラの性能が向上したため、沢山の動画で使われるようになりました。

激しい動きの撮影でも全くぶれずに高画質で撮影出来たり、対ショック性も抜群です。


簡単、低コストで迫力ある映像がとれるため、多くのカメラマンが使うようになり、ものすごい量の映像が世にでてきています。

マンネリ化したというか、ちょっと飽きたかな・・・・・という思いもあります。

過度に使いすぎた動画も多く、リアルな部分が全く見えてこないものもあります。

このような動画を効果的にカッコよく使うには、撮影者と編集者のセンスによるところになりますかね。




日本でのフラーボールのプロモーションビデオはほとんどありません。

レースの1シーンを組み合わせて編集したものがほとんどです。


フライボールの魅力を、リアルに伝えられるものにしたいですね。



私自身SONYとレース形式(4on4)でのDTFCvsCDTレーシングとの対決では、ビデオ撮影を忘れて楽しみました。


ビデオカメラに緊張するハンドラーと犬たち。

そんなシーンもありました。



皆さんの協力で、多くのコンテンツを撮影することができました。


お疲れさまでした。

Fb01
レーンの中での撮影
犬の安全のためクッションガードを使用




| | コメント (0)

«JETディスクドッグへの道・・・の続き(最終ディスクへ進化)