2018年11月 6日 (火)

USDDNそしてU-FLI

先週行われたUSDDNワールドファイナル。

まだ興奮冷めやらぬ状態が続いています。

ドラマチックなYACHI&WOOFの完全勝利。

日本チームの大活躍。

そして感動の表書式。



USDDN終了後。

チームジャパンの、俊介&ルツカ、YACHI 津田は帰国後すぐに九州へ。

そして「ドッグキャンプトロフィーズ」が行われました。

.

U-FLI参加チーム、皇介モメンタム&モナハリボー、千春ディーゼル、国吉チェイスは、
ダラスへ長距離移動。

日本から須貝カタナ、酒井ナナ、室田PAXが現地に到着熱いトレーニングが行われています。
.

いよいよ今週末は「U-FLI」世界最大級のフラーボールレースにチャレンジです。
.

わたしも、明日7日(水)にアメリカに向けて出発。

ダラスで、みんなと合流します。



今週末は同時にディスクドッグアジアチャンピオンシップが中国四川省成都で行われます。

こちらは、YACHI&ウーフ、松浦ミッシー、竹原カーシーが参加。

俊介&ルツカ、まきさんはジャッジ。


しばらくしたら、みんな日本で、会うことが出来ます。

その時までUSDDN帰国報告会はお預けかな・・・・・

U-FLI報告も楽しみにしていてください。

45370957_1100140390159876_272189712

45262362_1099839766856605_312901139

フライボール専用のトレーニング施設
うらやましい環境です

| | コメント (0)

2018年11月 5日 (月)

ディスクドッグショー・デビュー@世界の名犬牧場

11月4日の世界の名犬牧場スーパーディスクドッグショーに新たにデビューしたディスクドッグ
が2頭いました。

寺沢&こあ(ラブラドールレトリバー)と、久保&フク(エアデールテリア)の2チーム。

やっぱり新チームのデビューはうれしいですね。

両チームともディスクドッグのトレーニングを積んできました。

そして、このデビューの日を迎えました。


ギャラリーの前でパフォーマンスを行うことは、勇気もいることです。

緊張もするでしょう。

でも一つのハードルを越えた達成感もあるはずです。

新しいスターの誕生。

今後が楽しみですね。


今回もう一つの新たな試みがグループディスプレイ。

名犬牧場で行いました。

スーパーディスクドッグショーの時間の一部をグループディスプレイにして行いました。

今回は7頭で行いました。

バルカ、あずき、アンジュ、フク、レイ、こあ、ルーク。

ラブラドールレトリバー×2(イエロー&ブラック)
柴犬
コーイケルホンデュエ
エアデールテリア
シェットランドシープドッグ
ボーダーコリー

6犬種7頭。

実に多彩な犬種が集まっています。

バウンドバウらしいですね。

なかなか評判が良かったです。


ドッグスポーツ談議に花が咲き、楽しいい1日になりました。

Xe_tx1vg1

スーパーディスクドッグショーデビューした寺沢&こあチーム


6a939a8g1

S1nsmosq2

グループディスプレイ


| | コメント (0)

2018年11月 4日 (日)

BBホリデー11月

秋晴れのドッグスポーツ日和。
風邪も微風。

参加人数は10人
犬はは13頭はでした。

いつも犬の方が多いですね。


今回のサプライズゲームはディスクのローラーロングディスタンスでした。

ディスク3枚、ローラーでディスクが転がった距離を競います。

予想以上に記録が伸び、優勝は40ヤードを超えて43ヤード。


いつものディスクミニゲーム大会のほか、フリースタイルセッション、グループディスプレイ、
体験コーナー、スローイングレッスンなども行いました。

盛りだくさんです。


そして正式に活動を開始した、バウンドバウ・フライボールチームの練習も行いました。

練習を行うごとに成長していく犬たち。
オーナーたちも楽しんでいます。

早くみんなでレースが出来るといいな~!


今回新規にメンバーになられた方がいました。

犬種はフレンチブルドック。

これまたドッグスポーツには珍しいい犬種の登場です。

バウンドバウらしいですね~。

初回のトレーニングで、ローラーディスクでのキャッチ&レトリーブを決めていました。


愛犬と思いっきり楽しんだBBホリデー11月でした。

7120921
次回はこれかな?
イス取りゲーム




| | コメント (0)

2018年11月 3日 (土)

合唱コンクール レコーディング

毎年この時期は各地で合唱コンクールが行われます。

この時期私も合唱コンクールのレコーディングの仕事をしています。
かれこれ7~8年行っています。

,

ホールなどの会場に専門の機材を持ち込んで行います。

レコーディングエンジニアとアシスタントの2人1チームで行います。

私はエンジニアとして参加しています。

,

いつも扱っているPAとは違い録音のみ。

アンプを通してスピーカーから出力しません。


いつもの

「音を出す」

というのではなく

「音を収める」

という感覚です
.

合唱コンクールはほとんどの場合、課題曲と自由曲の2曲で審査されます。

長年やっているので、その曲もすっかり覚えてしまいました。



芸術の秋の恒例行事です。


| | コメント (0)

2018年10月25日 (木)

2018USDDNワールドファイナルもう一つのチャレンジ

いよいよ今週末に迫ってきました。

USDDNワールドファイナル。

ディスクドッグの世界選手権です。

何と!2011年から日本チームがワールドチャンピオンになっています。

日本チームが全員現地に到着しました。

今年も最高峰のディスクドッグゲームを楽しみにしています。




そして、もう一つ!

今年はUSDDNワールドファイナルに初の日本人がジャッジとして参加。

「KOUJI YOSHIOKA」

2007年からUSDDNワールドファイナル参加経験も多数。

多くのビッグゲームのジャッジを経験し、USDDNワールドファイナルのジャッジへ!

日本人ディスクドッグプレーヤーとして誇りに思います。


暑い戦いの2018ワールドファイナル。

もう一つの大きなチャレンジ。

吉岡浩二がんばれ~!

Jl7e7202_11
吉岡家の初代ディスクドッグ「ハヤテ」
2007年USDDN D2チャンピオン

ハヤテ物語は当ブログ“伝説の犬”で見られます。

| | コメント (0)

2018年10月24日 (水)

オンデマンドトロフィーズ

10月の20日(土)21日(日)に行わえた、オンデマンドトロフィーズ北関東リジョンの報告です。
.

全国10のリジョンがインターネットを使って行うオンデマンドトロフィーズ。

北関東リジョンはいつも通りに我がバウドバウが行いました。

場所はいつものBBフィールド。

アップドッグ体験会(20日)、お楽しみドッグスポーツDAY(21日)のイベントをかねて
開催しました。

北関東リジョンはオンデマンドトロフィーズには6チームが参加しました。

何と!HIRO&SONYチームが北関東リジョン優勝。
.



世界チャンピオンのジャッジで行うゲームとしては、最も参加しやすいゲームだと思ています。

いつものフィールドでいつもの仲間と参加でき、フィールドにはジャッジがいないので、
緊張も和らぎます。

そしてジャッジコメントも頂けるという、スペシャルもついてきます。


自分の演技が終わって結果が出るまでのワクワク感も良いですね。

そして、全順位が発表になり、コメントを見ながらその動画を見るのもまた楽しみまた。


沢山の楽しみかたが出来るのも、オンデマンドトロフィーズの魅力ですね。


そんな魅力沢山のオンデマンドトロフィーズに多くのチームに参加してもらいたいと思っています。

次回、参加お待ちしています。

44511004_2128132287250254_252966827
集合写真(日曜日)
土曜日撮るのを忘れました


| | コメント (0)

2018年10月18日 (木)

ヒメがやってきて3ヶ月

未体験ゾーンのボーダーコリー。

わたしの初ボーダーコリー『ヒメ』がやってきて3ヶ月が経ちました。
.

体も一回り大きくなり、ガッチリしてきました。

.

来た直後からディスクとフライボールを始めました、
コーシングも体験しました。

印象は「速い」です。
.

SONYの速さとは違い、と“俊敏”、と表現した方が良いのかもしれません。

SONYが圧倒的な加速とトップスピードだとすると、ヒメは瞬時な加速と静止、
ターンの切れなどが魅力です。

.

ディスクへのドライブもすごく上がってきました。
そしてパワフルです。

ジャンプもすごくなりそうです。
.

フライボールで俊足を見せてのリコールはちょっと驚きです。
「速!」

BOXターンの覚えもはやいです。

もっともっとタグドライブを作っていく時期です。
.

今はディスクとフライボールのクロストレーニングを行っています。


ゆくゆくはディーバ(Sさんのボーダーコリー)のようにディスク、フライボール、ドッグダンス、
犬ぞり、サイクルドッグなどで活躍できる、マルチスポーツドッグを目指したい思っています。


ヒメの能力をどこまで引き出し見せられるか、私にかかっています。


私が60歳でやってきたヒメ。

後10年・・・・・頑張ることを目標に、ヒメとドッグスポーツを楽しんで行きます。

44318141_2123822514347898_289812684

| | コメント (0)

2018年10月16日 (火)

41年前の楽器

41年前というと・・・・
1977年、昭和52年。


私がメインで使っているベースの1本が1977年生のものです。
41年も前に作られた大古品です。

その他にもこのころの年代のものが何本かあります。



現在では「ビンテージ」とかなんとか、かっこよく呼ばれています。

現在も相変わらず20本以上の(おそらく25本前後)所有の中には、
もちろん現代の新しいものもあります。



41年前の1977年というと・・・・・

ジャイアンツの王貞治選手はホームランの世界記録756号を達成。
(ちなみにこの達成日の前日、私は後楽園球場で試合を見ていました)

世の中はピンクレディーが大人気。
カラオケがブームになった年でもあります。



その頃の日本の楽器メーカーは、大手総合のメーカー(ヤマハなど)を筆頭に、
ギター&ベースの専門メーカー(グレコ、フェルナンデス他)も、大小乱立する過渡期な
時代でした。

大半のメーカーは本家のフェンダーやギブソンのコピーモデルを中心に製造していました。


そんな時代でも先進メーカーに追いつけ追い越せとばかりに、
気合を入れて作ったオリジナルモデルも存在しました。

当時は値段もちょっと高価で、あまり受け入れられなかったものが、
今になって、もてはやされつつあります。


「ジャパンビンテージ」

などと呼ばれています。



コストの関係で東南アジアや中国製の楽器が多くなる中で「MADE IN JAPAN」は
イメージが良いのかもしれません。

まあ当時は質の良い材料(木)がたくさんあり、良質な材で楽器が作れたのも、
要因の一つになっています。



では肝心の音はどうなのか?

この辺は個人的な感覚もあるので何ともいえませんが・・・・・


「木が乾いて鳴りが良いんだよ!」

などよく言われている話です。


実際のところはどうなのか分かりませんが、私の場合今まで50本以上のベースを使ってみて、良いなと思うものを残して来ました。

その中に「ジャパンビンテージ」といわれるものが何本か存在し、気に入って使っています。



1960~70年代のフェンダーやギブソンのビンテージには驚く金額(100万200万は当たり前)が
付いています。

もはやコレクターズアイテムとして、しまいこまれるケースもしばしば。


今私の使っているちょっと古いベースがこのようなことにならないように願っていますが、
じわじわと金額が上がってきているのも事実です。



ジャパンビンテージブームで日本製の古い楽器が何でもかんでも持てはやされてしまう、
“ブーム”というものに怖さも感じています。


はたしてブームは続くのだろうか・・・・・?

Img_7304
41年前の1977年製造
お気に入りの1本です

| | コメント (0)

2018年10月15日 (月)

BBホリデー10月

夏の暑さから一転して絶好のドッグスポーツ日和となった10月のBBホリデーです。

13組19人、犬25頭の参加がありました。


午前中はスローイングで遊ぼうのコーナー。
グループディスプレイも行いました。

午後は、ディスクドッグミニゲーム大会。

その後、フリースタイルデモセッション、(ディスクドッグ&K9フリースタイル)、
個人別クリニック、フライボール練習会と盛りだくさんなメニューで行われました。


レトリーブに8チーム。

ディスタンスに23チーム(チャレンジクラス+レギュラークラス)

フリースタイルデモセッションに12チーム。

沢山のエントリーで盛り上がりました。


バウンドバウ・フライボールチームでの、初めての練習会。

10頭の参加がありました。

そのうち6頭はフライボール初体験の犬たちです。

4頭もほとんどフライボール経験のな犬たちでした。

はじめてのフライボール練習会は大盛況でした。


BBホリデー10月。

新体制のバウンドバウになって1年10ヶ月。

ディスクドッグに成長してコートを走ってディスクをキャッチしているチームや、
K9フリースタイルで楽しくトリックを行っているチームを見ていると、
すごくハッピーな気持ちになりました。
.

「みんなドッグスポーツを楽しんでいるな~!」

新体制になった当時は、新規のメンバーのディスクドッグは1頭のみでした。
.

「みんな頑張っているな~!」
.

そんなメンバーと一緒に行うBBホリデー。

私も楽しんでいます。


バウンドバウでは、フライボールチームの練習会、サイクルドッグ、アップドッグなど
今後も楽しみがたくさん待っています。

次回も楽しみましょう。

44062966_2117658304964319_4190947_2
ハロウィン仕様の記念写真


| | コメント (0)

2018年10月13日 (土)

経験値

はたして今までにディスクドッグゲームに何回くらい出たのだろうか。
,

今では年に10ゲームくらいですが、10年前は年に20ゲームくらい出ていたと思います。

.

ディスクドッグ歴20年。

おそらく300ゲームくらい参加していると思われます。

.

そのほかバウンドバウのミニゲームが月に一回。

世界の名犬牧場のディスクドッグショーや、住宅展示場他のデモもいろいろな場所で
10数年行ってきました。

こちらも300回は超えていると思います。

すべてのゲームとデモを合わせると600回は超えています。

最大のゲームはUSDDNワールドファイナルかな。
こちらは3回出場。

ドグタウンカップは16回出場。

これを見ると“怖いものなし“という感じです。


犬も
ラブラドールレトリバー⇒エアデールテリア⇒ビアデットコリー⇒ウイペット⇒エアデールテリア⇒MIX⇒ウイペット

7頭の犬と沢山のディスクドッグにゲームやデモにに参加してきました。

.

数多くのゲームの中には、犬が全く動かない、まさかの脱走、爆風でほとんどキャッチできない、などいろいろうまくいかないゲームもありました。

それでもゲームに出続けたので、今は経験として役に立っています。





「酒井さんは緊張しないんですか?」

など質問されます。

「緊張はするけど、過去の経験があるので他の人よりは緊張していないと思います」

というのが答えです。




その昔、音楽活動をしていた時、1年で120本以上のライブをやったことがあります。

3日に1度のライブ。

新曲を作ったり、レコーディングもあったりで、感覚的にはいつも演奏していた感覚でした。

その時も多くのライブ経験が役に立っていました。


タイトルの『経験値』

一つでも多くのゲームやデモに出て,経験値を上げていくことをお勧めします。

もちろんパートナーである愛犬の経験値も上がっていくはずです




経験は力なり!


Pa170176

2011年USDDNワールドファイナル
フェイバレットエンターテナーアワード受賞

| | コメント (0)

«今週末はバウンドバウスペシャル バウンドバウとは!