2016年8月30日 (火)

スタープレーヤーへのインタビュー

もう、ご覧になりましたか?

10月に世界最高レベルのディスクドッグゲーム『ドグタウンカップ』が行われます。
インビテーショナルクラスに参加のチームのインタビューがドグタウンファクトリーの
ホームページにアップされています。



今年から世界選手権になるドグタウンカップ。

ヨーロッパ、アジアなどの予選でチャンピオンになったチームを招待して行われます。

それと共に、国内の予選ゲームのトップ3がインビテーショナルに参加できます。


インビテーショナルに入ることは、ディスクドッグプレーヤーにとって憧れでもあり、
たいへん栄誉なことでもあります。

そして大きな目標でもあります。


そんな憧れの10人のプレーヤーの、ドグタウンカップに向けてのインタビューを
見ることが出来ます。



■ヨーロッパ■



スロベニア共和国
Patrik Szőcs (パトリック ・スァーチ)&Darty( ダーティ)オーストラリアンシェパード





チェコ共和国

Lucie Plevová( ルツカ・プレヴォヴァ) & Megan (ミーガン)ボーダーコリー




■アジア■



中国
Ji Wei (ジィ ・ウェイ) & DoDo (ドゥードゥー)ボーダーコリー




■日本■



2015 USDDNワールドチャンピオン
Mona Hirai (平井萌波) / Laika (ライカ)ベルジアンシェパードマリノア

2015 ドグタウンカップチャンピオン
Kosuke Hirai (平井皇介) / Jake (ジェイク)ボーダーコリー

Takashi Futami (⼆⾒貴⼠) / Sedna (セドナ)ボーダーコリー

Yoshihiro Shimizu (清水慶洋) / CAP (キャップ)MIX

Koichi Nanba (難波輝⼀) / SOL( ソル)ボーダーコリー

Shaun Hirai (平井俊介) / Gats (ガッツ)ボーダーコリー

Yachi Hirai (平井寧 )/ Vega( ベガ)MIX



インタビューではディスクドッグを始めたきっかけや、ディスクドッグの魅力、
チームのアピールポイント、ドグタウンカップへの思い、など見ることが出来ます。

始めたきっかけや、ディスクドッグの捕らえ方も各プレーヤーそれぞれですが、
目指す道は一つ。

同じ到達点(ドグタウンカップ)を目指し、同じ目標に向かって戦っているのだ、
ということを感じました。


トップチームの熱い戦いが今から楽しみです。

| | コメント (0)

2016年8月29日 (月)

ワンワンサンデー終了

昨日のワンワンサンデー終了しました。

台風接近の中、奇跡的に雨も降らず涼しい気温の一日、
犬にとってはグッドコンディションのなか開催できました。

地元の愛犬家の方、県内外の方、遠方は東京からの参加者もありました。
また、昔の犬仲間の方もきていました。
犬は世代交代して、新しい犬との生活を楽しんでいるのを見られて嬉しかったです。

たくさんの参加ありがとうございました。




このワンワンサンデーは、7月の赤城山の『ワンワンウォークラリー&K9カニクロス』と
ともに、愛犬家が犬と1日おもいっきり楽しむイベントとして企画しました。

私自身、20年前に念願だった犬との生活が出来るようになると、
犬のイベントの情報を集めて毎週のように出かけていました。

当時はインターネットなど無く、愛犬雑誌と口コミを頼りに情報を集めていました。


しつけ教室や、犬の運動会、犬連れバーベキューやドッグカフェ・・・・・などなど。
当時地元にはドッグカフェは無く、軽井沢や千葉に出かけて行ったりしました。

そして東京の訓練系のドッグクラブに入会して、犬のことを色々勉強させてもらいました。

また、ドッグショー、訓練競技会、アジリティー、犬ぞり、などいろいろな競技会を
見学して回るのも楽しみで、あちらこちらによく出かけていました。

そんな中、フリスビードッグに出会い、感動して、自己流で始めるようになりました。


その後、当時は愛犬クラブだったバウンドバウ、そしてドグタウンファクトリーに出会い
憧れだったディスクドッグはライフワークになりました。


今はイベントを開催する側の一人になっていますが、スタートは、

“犬との生活を楽しみたい”、

という気持ちからスタートしました。



今年で10年連続のアメリカで行われるUSDDNワールドファイナル
(ディスクドッグ世界選手権)、中国のアジアチャンピオンシップ、などに、
プレーヤーとして、スタッフとして、ジャジとして参加することが出来ています。



20年前の“犬と楽しみたい”という気持ちは今でもなんら変わっていません。

そして、今も犬との生活をおもいっきり楽しんでいます。


今回のワンワンサンデーに参加した方々の笑顔を見ていたら、
20年前の自分とオーバーラップして、ちょっと感動してしまいました。


自分の原点のような、この『ワンワンサンデー』を大切に育てていきたいと思います。


次回もたくさんの笑顔に会えるのを楽しみにしています。

14184329_888555037917466_5961640940

14141711_888553874584249_5636838932

14102216_888553744584262_6388549517

14102552_888554017917568_4981031045

ワンワンクイズ大会、早食いコンテスト、待て大会、ストラックアウト、などのゲーム
しつけ教室、アニマルカイロの講習会
ディスクドッグ、ドッグダンス、フライボールのドッグスポーツデモンストレーション
など行われました

| | コメント (0)

2016年8月27日 (土)

明日はワンワンサンデーです

今年も『ワンワンサンデー』がやってきます。

愛犬と1日おもいっきり楽しむイベントです!

Q


ワンワンクイズ、愛犬と楽しむゲーム大会、しつけ教室&しつけ相談会.

Dr、MONAのアニマルカイロ講座、ほかショップもオープンします。


場所は去年と同じ“サラダパークぬまた”です。


世界で活躍するディスクドッグのデモンストレーションやフライボール、
ドッグダンスのデモンストレーションも行われます。




私を含め、日ごろドッグスポーツを行い、犬との信頼関係を大切に、
トレーニングに明け暮れしているメンバーが集まって行うイベントです。


ドッグスポーツを行う飼い主は、ちょっと違った存在に見えるかもしれませんが、
愛犬に愛情を注いで飼っている一般の犬飼の皆さんとなんら変わることはありません。

ドッグスポーツは、愛犬家の皆さんに支えられているといっても過言ではありません。


そんな愛犬家の皆さんにドッグスポーツに触れる機会を提供し、
ゲームやクイズなどを通じて、素敵なコミュニケーションが取れればと思っています。


『愛犬と1日おもいっきり楽しむ休日』

私もおもいっきり楽しんで来たいと思います。


ぜひ遊びに来てください。


P.S.
私は当日はわんわんクイズ大会や愛犬と楽しむゲームコーナーを担当します。
また、愛犬の写真ブースもオープンします。

| | コメント (0)

2016年8月26日 (金)

温泉ライブ@老神温泉

8月21日は恒例の温泉ライブ。
今回は老神温泉です。


とねふるさと祭りが行われる会場での野外ライブです。

ご当地(群馬のアイドルグループや、演歌歌手などともに参加して来ました。

バンドの出演は私たちのみ。


野外には、立派な屋根付きの大きなステージが設けられています。
ステージ裏手には、私たち専用の控え室のテントも用意されています。

ビールを飲んだり、お祭りの出店を見て回ったり、日本酒の試飲をしたり、
思い思いな時間を過ごしました。



夕方、日が落ちた頃に照明がたかれ、ステージイベントの大トリで出演。
そして演奏終了直後に行われる、花火大会へと祭りは最高潮になります。



PM8:00ぴったりに演奏終了!

終了の挨拶とともに照明が消え、ド~ンという尺球で花火大会がスタート。
何ともドラマチックな演出になりました。


バンドメンバーもビール片手に花火見物とあいなりました。

数十メートル先から真上に上がる花火は迫力満点。
周りの山にこだまする音もまたスゴイ迫力。



約1時間の花火を満喫した後は、宿に帰ってお決まりの温泉。
そして今日のライブのビデオを肴に、夜の宴会へと突入していきました。


ライブ+花火+温泉+宴会

おもいっきり楽しんで来ました。

Kuwa

| | コメント (0)

2016年8月25日 (木)

プライベートなトレーニングフィールド

ディスクドッグを行うにあたって常に着いて回る問題がフィールドの確保です。

競技の特性上ノーリードで広い(30~50m四方)スペースが必要とされます。

公共の場所で、安定して安全なスペースを確保することが年々困難になってぃています。



「やっぱり自由に使えるトレーニングフィールドが欲しい」

そんな思いでBBフィールドを運営してからまもなく9年になります。
(前身のマイドッグラン時代からは12年になります)


今では安心してトレーニングに集中できる環境手にして、他人に気兼ねすることなく、
迷惑もかけずにのびのびとディスクドッグを楽しんでいます。



そして今度は自宅のよこのスペースを、プライベートトレーニング場として使えるように、
整備しました。


広さは150坪と狭いですが、自宅の横なので思い立ったときに、すぐにトレーニングできる
メリットがあります。

実はこの土地には大きな切り株が5本ほどあって、使い勝手がよくありませんでした。
そしてなだらかな傾斜がありました。

今回は切り株を掘り起こし、水平に整地しました。



北海道の横尾氏が、重機の手配から作業までボランティアで行ってくれました。

金曜日重機搬入⇒土曜の朝一番の飛行機で横尾氏到着⇒日曜の最終便で北海道に帰る

という強行スケジュールで行ってもらいました。

ドグタウンファクトリーからもお手伝いに来ていただき、2日間で綺麗になりました。


今後のこの場所の有効利用をあれこれ考えています。

まずは芝を植えて緑化。
そしてフェンス。

この小さなフィールドの名前もつけたいですね。

ここから色々な思いが広がっていきます。


横尾さん、ドグタウンのスタッフの皆さん、ランブルドッグスの皆さん、
ありがとうございました。

14079731_1229028293827329_865509047

14102637_1229029163827242_716074778

| | コメント (0)

2016年8月24日 (水)

10日ぶりです

10日ほどブログを更新できないでいました。

この時期は夏休み。長期休暇の人も多かったことと思います。


さて、私の10日間ですが、それなりに忙しくいろいろなことがありました。


13日~14日、今シーズン最後のUSDDNクオリファイゲーム『北海道カップ』が、
行われました。
(ゲームの結果はすでにリザルトが公表されているのでそちらをご覧ください)


北海道遠征に行かなかったプレーヤーを対象に『FUTAM IDOG WORKS』の
2012年ワールドチャンピオンの二見氏のディスクドッグセミナーでした。

12日~15日の4日間ドグタウンフィールドで行われました。
このセミナーのことは後ほど詳しく書きたいと思います。


そして撮影会、おいがみ温泉でのライブ、先週末は自宅の隣の土地の根っこ堀と整地。
後回しになっていたPA関係のメンテナンス、迎え盆、送り盆・・・・・などなど。

慌ただしく過ぎていきました。



昨日くらいから日常の生活に戻りました。

一つ一つ詳しい報告は追々していきます。



今週末は『わんわんサンデー』

そしてその翌週は、いよいよ2017年USDDNクオリファイゲームの初戦、
『宮が瀬ドッグスポーツフェスティバル』です。

その翌日、ヨーロッパチャンピオンシップ参加チームはチェコ共和国に向けて出発します。

そのあと9月は、『ドグタウンカップ』、そして10月は『USDDNワールドファイナル』、
11月の中国『アジアチャンピオンシップ』と続いていきます。

今シーズンのディスクドッグシーンはフィナーレに突入していきます。



長期にブログを更新しないことで、心配をおかけしてしまった方もいました。
犬も人も体調は良いし、元気でやってます。

今後ともお付き合いよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2016年8月13日 (土)

撮影三昧グレース&ブレス編

本日は世界の名犬牧場撮影会&DTフィールド撮影会でした。

夕方のDTフィールドのグレイス(ドーベルマンピンシャー)&
ブレス(ラブラドールレトレバー)の写真です。

1

2

4_2

5_2

5_1

取り急ぎUPしました。

| | コメント (0)

2016年8月12日 (金)

SONYの写真

しばらくウチの犬達の撮影をしていなかったので、ロケーションの良いドグタウンフィールドを借りて撮影しました。

猛暑の下界とは比べ物にならないほど涼しく、風もさわやかな山風が気持ち良く吹いています。

夕方日が傾くのを待って撮影開始。

スタジオ撮影しかしていなかったSONY。
ウイペットのSONYの魅力は『走り』でしょう!

とにかく走っているところを撮る。
ダイナミックな写真を撮る。

強風のためディスクではなくボールを使いました。

SONY走りましたよ。

Sony6_1_500x338

Sony6_2_500x338

Sony3_500x338

Sony4_500x338

Sony2_1_500x337

Sony2_2_500x337

Ra4f1392_500x337



スゴイ体制でボールをキャッチしています。
ボールキャッチの瞬間の顔もスゴイ!

他の犬たちも撮影しましたが、とりあえずSONYだけUP。

やっぱりSONYは走っているところがいいですね~。

| | コメント (0)

2016年8月 9日 (火)

今を生きる、そしてチャレンジ!

ことしの9月に、チェコ共和国で行われる『ディスクドッグ・ヨーロッパチャンピオンシップ』に、
妻のチーム『酒井伸子&バルカ』(ラブラドールレトリバー)が参加します。

このチーム、昨年はUSDDNワールドファイナル参加のため、アメリカまで行きました。
アメリカではD2準優勝という結果でした。

今回のヨーロッパチャンピオンシップは、ファイナル進出が最初の大きな目標になります。



酒井伸子&バルカチーム、世界の強豪相手に、今の実力ではチャンピオンの可能性は、
ほとんどゼロに近い確立だと思います。

チャンピオンはおろか、ファイナル進出も簡単なことではありません。

『でもチャレンジをする!』



目標を決めて、その目標に向かってチャレンジすることの大切さは、私も理解しています。

2010、2011年、マトラとチャレンジしたUSDDNワールドファイナル。
昨年はギャンブーとチャレンジしました。

目標を持つことでモチベーションが上がり、チャレンジするパワーが沸いてきます。
今、上手くいっても、行かなくても、明確な目標に向かってチャレンジすることが大切です。




ではどうしてチャレンジするのか?


「長期休暇が良く取れますね?」

「お金がかかりますよね?」

(・・・・・・・私には無理かな・・・・・的ニュアンス)

など良く質問されます。

誰しも簡単に休暇は取れないし、もちろんお金の問題もあります。


それらの困難をクリアするだけのモチベーションに支えられているといっても、
過言ではありません。




本題の『今を生きる』ですが、

2010、2011年世界にチャレンジした私のパートナードッグのマトラ(エアデールテリア)が、
これから大きな目標に向かって進み始めた矢先の2012年の春、突然死んでしまいました。

チャレンジしたくても出来ないことは、いつおこるかわかりませ。
自然災害や、テロ、戦争、そして自分の健康、家族の介護・・・・・など、
何が起こるかわかりません。

いつまでドッグスポーツが続けられるか分かりません。

(マイナスのことを書いてしまいましたが、今より状況が良くなることももちろんあります)


今、チャレンジ出来るのなら、無理をしてでもチャレンジしようと思うようになりました。


そして、無理をしてでもチャレンジし続けることの素晴らしさを知ってしまいました。
USDDNワールドファイナルに出場して得たものが、今の私の財産になっています。


私自身も新しい目標に向かって新しいチャレンジを始めました。




今週末は北海道で、USDDNワールドファイナル・ラストクオリファイ・ディスクドッグゲームの
『北海道カップ』が行われます。

ラストチャンス!にチャレンジするすべてのチームにエールを送ります。

| | コメント (0)

2016年8月 8日 (月)

ワンワンウォークラリー&K9クロスカントリー終了報告

ワンワンウォークラリー&K9クロスカントリー赤城山が終了しました。

開催日の8月6日(土)は好天に恵まれ、心配していた夕立もありませんでした。

この日は赤城山夏祭りのため、たくさんの人たちが赤城山にやって来ました。
ワンワンウォークラリー&K9クロスカントリーは、赤城山夏祭りの共催イベントとして
行われました。

会場には遠方の方も含め、たくさんの犬連れの方に集まっていただき、
イベントは大成功に終わりました。



午前中、まず行われたのが、
『ワンワン・ウォークラリー』

2


1.5㎞のコースを愛犬と歩きながら宝箱を探して、その中にある15個の犬種のスタンプを
集めていきます。
制限時間は1時間です。

はずれの空箱や、あけるとビックリ!のビックリ箱などもあり、
スリリングな宝探しになっています。

「ラブラドールのスタンプが見つからないよ~」

「全部のスタンプが揃うまで、コースを3週も回ったよ~」

それぞれのチームが笑顔でゴールに戻って来ました。

私たち主催者の予想をはるかに超える、10数チームが全スタンプをゲットしてゴールしました。
スゴイ~!!!




お昼の時間は、

ディスクドッグ&ドッグダンスのデモンストレーション。
ディスクドッグ体験会。
ワンワンウルトラクイズ、

などが行われました。


またDr.Monaのアニマルカイロや、CDT&K’Sトレーニングのしつけ相談、
M&Mビレッジのオリジナルリードやカラー、他出店ブースもにぎわっていました。




そして午後は
『K9クロスカントリー(カニクロス)』

1

こちらは1.5㎞のコースを愛犬と走ってタイムを競うスピードレースです。

本格的な犬ぞり用のハーネスをつけて、犬に引かせながらスピードアップを狙うチームや、
2頭引きでさらにパワーアップを狙うチームもいました。

また、愛犬と景色を眺めながらジョギングを楽しむチームなど楽しみ方もさまざまです。

トップチームは、こちらも予想をはるかに超える好タイムでゴールして来ました。

タイムは色々ですが全チーム完走でした。

達成感!
どのチームも素敵な笑顔が印象的でした。



日本では珍しい、本格的な林間コースで行う
“ワンワンウォークラリー&K9クロスカントリー”

「犬とおもいっきり遊べて楽しかったです」

「また来年も参加します」

「次はもっとタイムを上げたいですね」

そんな声をたくさんいただき、ワンワンウォークラリー&K9クロスカントリーは
無事終了することが出来ました。

感謝!感謝!です。





そして会場の白樺牧場は、再び閉鎖されました。

犬も人も入ることの出来ない、いつもの白樺牧場に戻りました。

すべての撤収が終わり門を閉めたとき、さっきまで行われていたことが、
夢物語のように・・・・・思えて来ました。


次は来年2月の犬ぞり大会『前橋ホワイトフェスティバル』で、
再び白樺牧場の門が開きます。


また、たくさんの笑顔にお会いできる日を楽しみにしています。

| | コメント (0)

«いよいよです!ワンワンウォークラリー&K9クロスカントリー